非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ツーリング( 52 )


2018年 11月 12日

2018年秋の 『しまなみツーリング』②

d0338933_13574432.jpg
最後は夕陽をみながら…
d0338933_14043627.jpg
これぞ島ライドって感じでしょ
d0338933_14043999.jpg

ランチを食べたあと大島の北部からぐるりと海岸線とプチ丘を越えて土日のみ営業のパン屋さんへ向かう。
こんなところに…というような場所でもかなりの来客ですね。
d0338933_18335785.jpg
d0338933_14041247.jpg
d0338933_14041968.jpg
d0338933_14041671.jpg
d0338933_18340618.jpg

ランチ後でも代謝の良い?メンバーは速攻パクついてました( ´艸`)
この日は、近くのバラ公園でマルシェを開催してるようなので立ち寄ってみる。
d0338933_14040013.jpg
長閑な公園でそこそこ賑やかに…でも人も沢山いてビックリ。
d0338933_14040490.jpg
ユニークな名前の出店もあり、思わず写真。寝てますね…(;^ω^)いゃ、両目ウインクにしとく。
d0338933_14040831.jpg
この後、大三島へ向かい有名店へ
d0338933_14035360.jpg
アイス最中がボケてますが…リモーネさんで
d0338933_14034594.jpg
小さなお店にぎっしりと商品が…是非一度立ち寄る価値あるお店ですよ。

ラストは、自家焙煎のカフェ!のはずが、なんと満席で泣く泣く見送ることになる。

しかし近くにあるピッツェリアに寄ったら、貸し切り状態で海の見えるオープンテラスもあり

結構よかったというオチ(笑)

d0338933_14085794.jpg
d0338933_14085839.jpg
d0338933_14085538.jpg
d0338933_13575980.jpg
大三島→伯方島への橋の上で夕陽が
d0338933_13575208.jpg
ラストは、東尾道にある人気店『ぽるしぇ』へ
ここも行列必至につき予約で席確保、タイトな時間を擦りぬけて。
d0338933_13590493.jpg
ごはん・味噌汁・キャベツのおかわりが何度となく…(笑)
d0338933_13590281.jpg

★最後に大事なこと

人気のしまなみ、サイクリストも増えていて今回ヒャっとすることがありました。

①高さのある橋脚から細い道を下り一般道へアクセスするのですが、橋脚部分で先行する6~7名のグループに追いつき後ろを追従する形で細い道へ進入した時、突然に止まっており先行グループの後方の人が追突して落車、合図も声も無く(視界から先行グループの先頭は見えない)突発的なことに思わず右側へ回避してスルーした。こちらも2グループにわかれてるとはいえ、5人くらい繋がってるわけで本当に間一髪何事もなく済んだ。
②島内の登坂路を走っていたら、我々を追い抜いてゆく若者グループ。程なくピークに達して下っていたら下りで流しているので追いついて抜くに抜けない…いわゆるビギナーにありがちな登りで頑張り下りで休む典型的な事例、こちらは一定ペースなのだけど追いついてくることが解らない。
更には後ろに連なっているとも想定できず、徐に右側のコンビニへ入ろうといきなり減速するということも。

ビギナーグループは自分たち以外が後ろに追従しているということまで気が回らないので、ある程度突発的な動きを予測しながら走る必要があります。そういう事を教えてくれるショップも少なくなったし何より知らない者が集い走ってるケースが圧倒的に多いと思う。

しまなみのように、人気のエリアではこうしたことに注意してもしたらないケースがあることを再認識したツーリング、自分たちの安全は当然ですが周りにまで配慮できるサイクリストでありたいものですね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by cicli_pioniere | 2018-11-12 18:33 | ツーリング | Comments(0)
2018年 11月 12日

2018年秋の 『しまなみツーリング』①

d0338933_18344789.jpg
d0338933_14044327.jpg
主役は女子部です!
d0338933_18344321.jpg
d0338933_15424359.jpg

秋のツーリングは久しぶりに、しまなみ海道に来てみました。

ピオニエーレのツーリング企画はガッツリ走るように思われるのですが、グルメや景観を楽しむこととツアーメンバーに合わせたルート設定で余裕を持ちながら安全を担保することを最優先に考えています。

今回は、大島をメインにして観光スポット・ランチを過ごし、大三島でカフェを楽しみました。※有志でディナーへも
日中は薄曇りでしたが、夕刻は素晴らしい夕焼けを見ることができてよい1日になりました。

ちなみに走行データは、
距離81㎞、1日遊んで走行時間4時間5分、AvSP19.8㎞
消費カロリーたったの1021cal!完全ゆるゆるですよね!

伯方島→大島→来島海峡大橋→糸山公園→よしうみ道の駅→ランチ→大島散策(バラ公園・パン屋)→大三島(買い物・カフェ)→伯方島→東尾道(とんかつ)

d0338933_14060858.jpg
糸山公園の展望台が土砂崩れで見えなかったのが残念
d0338933_18341320.jpg
d0338933_18341033.jpg
d0338933_14055744.jpg
d0338933_14070468.jpg
d0338933_14061480.jpg
d0338933_14054849.jpg
道の駅で、じやこ天(なんと揚げたてで熱い~)
d0338933_14053897.jpg
d0338933_14054515.jpg
日頃と違い、記念撮影や休憩の多いツーリング。
d0338933_14065499.jpg
d0338933_14065873.jpg
d0338933_14050818.jpg
ランチは大島にあるカレー屋さんで、倉庫を改装してとてもいい雰囲気でしたよ!
島内産の野菜やひじき入りのご当地ものですね。
d0338933_14050563.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by cicli_pioniere | 2018-11-12 15:37 | ツーリング | Comments(0)
2018年 06月 01日

5/27 初夏の高知グルメツーリング♪

d0338933_18115311.jpg
d0338933_18365998.jpg
高知は何度来ても楽しい! まさに桃源郷!?


5月は毎年、島根県へ出掛けている。石見グランフォンドへもうかれこれ3年連続参加していて今年も同様に企画していた。
ところが4月かな島根に震度5ほどの地震があり、いつもお世話になっている常宿から営業できなくなったとの連絡があったのだ。
実は石見グランフォンド、この大会目的よりも常宿の魚料理に皆楽しみが集中していてがっかり度合いといったら半端ない。今さらビジネスホテルも…ということで不参加決定。
代替案でクラブのグルメツーリングをすることになった。

となれば、少しでも参加者を募る為に日帰りで美味いものを食べる、ということで鰹のたたきに決定。ツーリングは思案の末にさめうらダム付近のゆる系に決定。
d0338933_18365483.jpg
高知は約150kmと丁度米子方面と同等な距離だけど、個人的には四国の高速道路のマナーはよくとても走りやすいので好きだ。常識的な速度でも2時間かからないので実は非常に近いスポットだと思っている。
ダム付近の大豊まで1時間少々で、役場にデポ。ダム周辺の川は非常に水質がよくとても綺麗だ。岡山でこのような水域はまず身近にない、また空気の密度が標高のわりに高く気持ちが良いのも特徴か。澄んだ空気と密度が秘境感を生み出している。
d0338933_18074077.jpg
d0338933_18073255.jpg
d0338933_18071559.jpg
この透明度がわかる~?

d0338933_18355946.jpg
d0338933_18343875.jpg
d0338933_18114891.jpg

樹齢3500年?!ともいわれる日本一の杉もあり、そのスケールに度肝を抜かれる。写真ではわからない(^_^;)
町内にあるベーカリーカフェでランチ、それぞれにお好みのパンとセットでランチプレートになる。期待値以上に好評だった。
d0338933_18064906.jpg
d0338933_18351042.jpg
d0338933_18352601.jpg
まったり60kmほどのライドを終え、クルマで高知市内へ向う。汗ばんだ身体を温泉ですっきりさせて街中へ。目的の居酒屋前に人気のカフェに立ち寄る。
d0338933_18241754.jpg
d0338933_18234628.jpg
裏路地にある古民家を改造した店舗、まったりとした雰囲気にまたスタッフのおっとり感がマッチしていていい!ここはかき氷が有名らしく、メンバー数名は氷を注文していた。私は黒糖ラッテを(カフェラッテに黒糖シロップが入ったもの)頼んだ。これがまたいい、コクのある深煎りコーヒーの底にシロップがあるので、苦めのところを飲んだり、シロップを少し混ぜたりと何時通りにも味わえる逸品だった。
d0338933_18244667.jpg
d0338933_18251640.jpg
d0338933_18254651.jpg
こんなカワイイおみくじも
d0338933_18261635.jpg
d0338933_18074908.jpg
そしてメインの繁華街へ、おなじみ「ひろめ市場」も散策、商店街はおかやまのそれよりも賑やかだ。居酒屋は以前にお邪魔した実績店、鰹も手配済だ。

d0338933_18325890.jpg
好きなものをアラカルトで頼みながらビールと行きたいが、残念ながらノンアルコールで気分だけ。やはり泊りで楽しみたいが泊りツーリングのハードルは高い。永遠の課題ですね。
d0338933_18314440.jpg
d0338933_18311301.jpg
d0338933_18304427.jpg
d0338933_18115807.jpg
鰹だけでなく、刺身、鰻、うつぼ…しかし鰹が一番だなとの皆の認識、次回は鰹一本で食べきれないくらい食べるかな(笑)
帰路もスムーズでお腹いっぱいの1Dayツーリングとなった。

年に数回、ツーリング企画しています。
いわゆる走るメインのツーリングとは違う、そのエリアの素敵なスポットを散策し、素敵な景色や食べ物を楽しむ欲張りなものです。クルマ+ロードバイクで広範囲に楽しんで行きたい。
企画・コーディネイトをこれからもより深くしてゆきたいと考えている。



by cicli_pioniere | 2018-06-01 18:19 | ツーリング | Comments(0)
2017年 11月 19日

11/19(日) 冬の吉井川エリア 探訪サイクリング

d0338933_18535175.jpg
天気に抗うことなく、フレキシブルに遊ぶ(^^♪

冬を一瞬先取りしたような気候に、真庭のとんかつライドは変更を余儀なくされた。
とんかつを楽しみにしていた方には申し訳なかったが、リスクをおってツーリングはやらないと決めているので昨夜中止の判断とさせていただいた。代替案で初級グルメへ変更し納得できる店と参加者を踏まえたルートを練り直す。
ようやく決めたお店がなんと貸し切りで入れないことが判明し、更なる変更…昨夜は慌ただしい時を過ごした。
結果的には予報通り風の強い1日、コースも最後は向かい風が少しあったが無事に終わり、ほっとしたところです。

東方面、吉井川水域を中心に焼き物の町・グルメとパン屋・雑貨店を周遊するルート設定
岡山市→瀬戸町→万富→伊部→長船→西大寺→瀬戸→岡山市
d0338933_18535434.jpg
福山からわざわざありがとうございました
d0338933_18535619.jpg
レギュラー陣のエスコートも完璧♪

万富からR2へアクセスする快走路では日頃のレッスン成果を見せて風のなかでも安定したローテが成された。
備前焼の窯元が立ち並ぶ伊部をふらつき、賑わう醤油屋で時間調整、小腹が空いたとのたまう某女子にご満悦いただくのに人気パン屋へ寄り(写真撮り忘れる(;^ω^))、メインの古民家カフェへ
d0338933_18533136.jpg
d0338933_18523009.jpg
d0338933_18522740.jpg
地元で採れる植物性のものを中心とし玄米と組み合わせたヘルシーなランチ
田んぼの中にポツンとある古民家、岡山からは初心者が行くには丁度よい距離感ではないだろうか。
週末のみに営業される素敵なお店だった。

オープン時間に予約していたが、既に2組が入店されその後も来客があり満席になった。
食事も丁寧に提供されデザート・ドリンクでまったりと過ごす、また次回来てみたいと思わせるお気に入りのひとつになった。

カフェから僅かに南下した西大寺、吉井川ほとりにあるキャンドルやセレクト雑貨を揃えるお店
吉井川の堤防下、普段は通ることがないような道の脇に店があるので知らないと来ることができない。
ステキな木製の大きなドアの中に癒しの空間があった。
d0338933_18542349.jpg
カフェも併設されて、ワークショップも行われるらしい。今度、市内の某ショップもサイクリングで参加されるとか…気になる雑貨もさることながら数種類置かれた手作りのタルティーヌに釘付けになる!思わず持ち帰りで購入。
個人的にはブルーラインの高架下で吉井川の夕陽を眺めるには最高のスポットだと思う、またのんびりサイクリングで来てみたいな。
d0338933_18520032.jpg
d0338933_18515537.jpg
d0338933_18515249.jpg
d0338933_18520476.jpg
午後から強くなった季節風、北向きの西風だ。
本来、冬のライドは西方面へが鉄則。帰路が向かい風にならぬよう…今日は最大限にルートを考え最小限に向かい風をしのいだ。風が強くとも日頃繰り返したバランス練が身に着けばふらつきも減り恐怖心が減るだろう、ふらつくというのはキチンとバイクに乗れてないという証でもある。
d0338933_18541946.jpg
楽しみながら、日々の成果を実感し微笑むことのできるツーリングを今後も続けてゆくつもり。ロードバイクは体力スポーツではなく『知的スポーツ』というのが、ピオニエーレ流だから。


10月~11月、ツーリング企画が軒並み天気により影響を受けている、淡路島は来春へおあずけ…来週はとんかつ行けるかな。








by cicli_pioniere | 2017-11-19 18:53 | ツーリング | Comments(0)
2017年 11月 13日

11月11日『牛窓ファンライド』

d0338933_21044710.jpg
瀬戸内にたゆたう優しい時間
ー"虫明の迫門の曙見る折ぞ都のことも忘られにけり"
これは平安時代に平清盛の父である平忠盛が、瀬戸内海からのぼる虫明迫門の曙をみて詠んだ歌である。
それほど昔から瀬戸内の自然は人々を魅了し、心を動かしてきた。
平成が終わろうとしている今、時代は変われどそこにはぼくらを包むやさしい時間が流れていた。
*********************

前夜に降った雨のせいか、11月だというのに朝の空気は冷たく乾いていた。
この日、チクリ・ピオニエーレのファンライドイベントに参加するために西大寺に集まったのは6名。
参加者は自転車歴の長いメンバーから自転車にあまり乗り慣れていないメンバーまで様々だ。
d0338933_21360139.jpg
はじめに目指すは長船町のパン屋「オぷスト」。天然酵母で発酵させたパンと焼き菓子のお店だ。
自転車で走ると地域との距離が近くなり、新しい出会いがある。
すみ慣れた岡山にもまだ知らない、素敵な場所がたくさんあるんだと感じさせられる。
d0338933_21124333.jpg
d0338933_22192881.jpg
d0338933_22201523.jpg
d0338933_22210014.jpg

パンを食べてひと休みしてから、一路牛窓へと向かう。

ロードサイクリングの魅力として、初心者から上級者までが一つのパーティーとして体験を共有することができる点がある。
レベルの差があっても走り慣れているメンバーが風を受けることで、初心者のメンバーは後ろについて一緒に走ることができる。ピオニエーレのファンライドイベントでは後方からのサポートも行うので、バラけることなく心地よいペースで集団が進んでゆく。
d0338933_22423539.jpg

牛窓の地形は独特で、海のすぐ側まで丘陵地が続く。
山の中を走っていると突然海が現れるため、一気に進んだかのような錯覚を覚える。
d0338933_21122465.jpg
緩やかな丘陵地にひろがるオリーブ畑と青い海にうかぶ島々が日本のエーゲ海と言われる所以だ。
あたたかい光に包まれて、ゆったりと静かな時間を感じられるのが牛窓の良さ。

港に向かって走ると、石窯ピザの店「MUNCH'S」がある。
今年オープンしたばかりで、牛窓で生産が盛んなマッシュルームやオリーブなどの地元食材を使ったピザが楽しめる。
五感を最大限に生かして地域に触れることができるのは生活とスポーツが交わる点に位置するサイクリングならでは。
d0338933_23595815.jpg
あいにく店内の写真はweb利用NGということなので、ぜひ足を運んで自分の目で確かめてもらいたい。

ピザを食べた後は海沿いに走り、帰路につく。
d0338933_10463615.jpeg
d0338933_21114629.jpg

何もしない休日も確かに楽しい。家でのんびりくつろぐ時間に幸せを感じたりする。
でも心のどこかで、何かしたい、知りたい、感じたいという小さな声が聞こえる。
そんな小さな自分の声に耳を傾け、自転車で走りだせばそこには知らない世界が広がっている。

好奇心に素直になる。
これからもピオニエーレファンライドではサイクリストの皆さんにそんなきっかけを提供できたらと思う。
次はどこへ行こうか。まだ見ぬ岡山へと思いを馳せながら家路へと自転車を走らせるのであった。

おしまい

企画・引率:藤原
写真・文章:萬谷


by cicli_pioniere | 2017-11-13 12:05 | ツーリング | Comments(0)
2017年 08月 15日

8/12 四国・まったり金毘羅参りツーリング?

d0338933_20180578.jpg
私がロードバイクとともに生きるキッカケとは…、金毘羅参りに想う…



私実は、玉野が地元なんですが幼少の頃は今よりも栄えていた玉野市を知っています。
三井造船が繁栄し、交通も瀬戸大橋ができる以前で四国への玄関口は宇野が担い、JRの連絡船やホバークラフト、民間のフェリーも3社が航路を持つなど大動脈と例えられても恥ずかしくない人の流れがありました。

小学生の頃、今でも何故だか不思議なのが…未来の玉野という題材で絵を描いた時に…
『タイトル:過疎の町 玉野』を描いた。
当時、小松左京のSF小説を読み過ぎなのだが、まさかこんな時代がほんとうにくるとは…
あの頃を知っていると、玉野はほんとうに見るに堪えれないものがある。

フェリーもいつ無くなってもおかしくないので使っておかないとね。1時間のんびり揺られ高松へ向う。6時台の始発ですがさすが盆休み、結構沢山の方がいました。
高松につくや速攻モーニングはうどん屋へ、8時前ですが、この繁盛ぶりです(驚)
d0338933_20191786.jpg
d0338933_20191157.jpg
メニューに「きそば」?とあったので、うどん と そばを食べましたが…そばは食べる必要はなかったかな(笑)
さて、腹ごしらえも済、琴平方面へのんびり向います。
とはいえ、折角のうどん県ですから人気店も気になりますよね…
で琴平方面途中にある、人気店へ寄ってみたら…
驚愕の人だかりが!!
たぶんぱっと見で300人オーバーでしょうか、並んで食べると言う概念の無い私には到底理解しがたい行動です。どこにそんなモチベーションがあるのでしょうか…凄い。
速攻、踵を返して琴平へ向いました(笑)

d0338933_20193097.jpg
d0338933_20192423.jpg
時間も余裕があるので、チェックしていたカフェに寄り道です。
木材屋さんが自社の脇につくった素敵な空間のお店、名前もいいですね~
「KITOKURASU」
あまりの心地よさに、長居してしまいましたね。
d0338933_20193439.jpg
d0338933_20193993.jpg

さていよいよ金毘羅ですが、今回は必殺ショートカットで中腹までバイクで登る作戦でした。バイクシューズで階段は無理があるのと時間的な理由から。
目論見通り、バイクで登ったものの思いもかけない結末が…
なんとクルマは通れるのに自転車はダメだというのです、ぷちっとキレそうになりましたが、独りでないのでぐっと我慢して下山。結局、階段を登ることになったというオチ(;一_一)
キツかったですね~高校生の時はなんともなかったのに…
d0338933_20195299.jpg
汗だくになり登る、しかしこの景色が堪りません!
d0338933_20195828.jpg
ランチを資生堂パーラー「神椿」で、期待しなかったサンドイッチが
美味しかったですよ。
d0338933_20201188.jpg
気を取り直し、きっちり上まで登り切り記念撮影!
d0338933_22141917.jpg
d0338933_22142832.jpg
d0338933_20201892.jpg
おみくじやお守りに、今どきのマーケティングを感じたのは私だけでしょうか、気づけばちゃっかり購入させられてました。
d0338933_20203772.jpg
d0338933_20202433.jpg
パーラーでのんびりし過ぎて、琴平出たのは2時過ぎ。まぁ3時半には余裕かな?と思い高松へ向います。金毘羅の階段のダメージと暑さでペースがあがらない?!
さらには信号ストップがボディーブローのように効いてきます。
溜まらずコンビニで休憩し、高松着は16時を過ぎていました。
d0338933_20203260.jpg
d0338933_22144815.jpg
マンゴーキッシュ、美味しかった~
d0338933_22144384.jpg
帰りにうどんとの思惑は断念し、港近くのカフェや雑貨店の集合するエリアで小休止してフェリー乗り場へ向いました。
d0338933_20204318.jpg
もう少しのんびりしたかったけど、かつてのように(※30年以上もまえ)20分ごとくらいにフェリーがあるわけでなく次が2時間先ともなるとゆっくりもできません。帰路も満席状態のような乗船でしたが、無事に宇野に帰着。1日遠足が終了です。ほんとうに近いけど機会の少ない四国ライド、これからは定期的に訪問してみたいと思っています。


最後に…タイトルの件
私がスポーツバイクを手に入れた高校1年生の時、初めてのクラブツーリングが金毘羅ツーリングでした。購入して数ヶ月後だった記憶ですが、独りで走るのとは違う楽しさを教えてもらい、その時に五色台で前を走る競技系の先輩の背中を無心で追いかけた事で、才能を見いだされ?レースの世界に誘われ、はんばパワハラ状態で脚をつっこんだのがレースの世界でした。まさかその後、インターハイ・国体そして実業団でレース活動をするようになるとは…そして、今こうしてロードバイクの素晴らしさを広めようとする仕事をすることになろうとは…
その時お世話になったショップの親父さんが昨年亡くなった、初盆になる今年どうしても金毘羅に行きたかったのだ。あのショップへ行かなければ今の自分は無いだろう、独立開業してどうにかやっていけそうと報告をする前に亡くなってしまい感謝の気持ちを伝えることができなかったことが悔やまれる。
自分がそうであったように、ロードバイクを通じて豊かな?素敵な人生を過ごして欲しい…そんな繋ぎ手になろうと、店を開業した時に決めた事。一人でも将来に私に出会えてよかったと思ってもらえるように…。

大塚商店の故 大塚二郎さん、すてきなバイクとの出会いをありがとうございました。









by cicli_pioniere | 2017-08-15 06:10 | ツーリング | Comments(0)
2017年 07月 24日

Pioniere touring series『BBQライド』

d0338933_21420418.jpg
みなさんこんにちは、サポートスタッフ萬谷です。
夏真っ盛りですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

昨日7月23日、ピオニエーレでは恒例のサイクリングイベントを開催しました。
これまで安曇野ツーリングや、島ツアーシリーズなど様々なイベントを開催してきましたが、僕(萬谷)の「走り慣れた岡山でも非日常的サイクリングをすることができるのではないか」という想いから今回は遠出せず岡山での開催となりました。
タイトルにある通りBBQも同時開催して夏を満喫しようというコンセプト。
もっぱらBBQ目的に参加していただいても良いのですが、普段走り慣れている岡山をより楽しめるようなサイクリングイベントを用意してみました。

内容は3人一組のチームでいくつかのチェックポイントを回ってもらうという、シンプルなイベント。シンプルですがルール内でいかに早くゴールできるかはチームの戦略次第です。
トップタイムでゴールしたチームにはβチタニウムのブレーキボルトやTeam Dreamボトルなどの景品をご用意しました。

参加チームはこちらの4チーム。
d0338933_23501537.jpg


一応の推奨ルートはご案内しましたが、チームでチェックポイントを回りさえできればどこを走っても自由。チームメンバーの力を合わせて好タイムでのゴールを目指します。
各チーム、チェックポイントが書かれた地図とルールブックをSTOKEDのサコッシュに入れて、いざ出発。

d0338933_00142135.jpg

d0338933_16192672.jpg

多くのチームが第一チェックポイントの笠井山を目指すものかと思っていましたが、4チーム中2チームが第三チェックポイントのまつだ牧場を目指してのスタート。これが吉と出るか凶と出るか(笑)
d0338933_16424591.jpg
出発前にもっとも地図を読み込んでいた真田さんが率いるチーム。バイクレッスン常連メンバーが多く期待できるか!?

その先には時間差で先にスタートしたアカギサンチームの姿が。
d0338933_17043857.jpg
d0338933_17055118.jpg
みなみさん、Giroのシューズ「Republic」とサコッシュがマッチしていて素敵ですね。

第二チェックポイントのレスパール藤ケ鳴まで先回りして行ってみるとすでに近藤さん率いるチームオフロード(勝手に命名)が到着していました。早い。マウンテンバイクで道なき道を圧倒的ショートカットしたのかという早さ。
d0338933_16521627.jpg

まもなく登って来たのはくえださんチーム。順当に笠井山から回ってレスパールを目指します。このチームも早い!優勝争いはこの2チームに絞られたか?
d0338933_17201533.jpg
d0338933_17443593.jpg

ゴールはスタートと同じく龍ノ口グリーンシャワー公園。
待っているとチェックポイントを全て回り終えたチームが順にゴールして来ます。
d0338933_17495217.jpg
全チームが揃ったところで結果発表。
トップタイムはくえださん・丹山さん・中村さんのチームでした!
d0338933_18304695.jpg
岡山の道に詳しいくえださんの活躍が大きかったようです。おめでとうございます102.png

超初級クラスのメンバーにとってはちょっときつめのルートでしたが、身近にこんな道があるのかという発見ができたのではないでしょうか。また、グループライドをする楽しさも少しは感じてもらえたのではないかと思います。今後もレッスンにて、安全にグループライドを楽しむための走り方を身につけましょう。お待ちしています109.png
中上級メンバーは特にまつだ牧場までの登りが気に入ってもらえたようで企画者冥利に尽きます。また、いつも走っている道でもチームで協力しながらゴールを目指すことで初心に帰って楽しむことができたのではないでしょうか。

ホッと一息ついたところで旭川沿いまで移動して、いよいよメインイベントのBBQです。
d0338933_18193165.jpg
d0338933_18231239.jpg
d0338933_18491324.jpg
d0338933_18335698.jpg
旭川を目前に皆で楽しいひと時を過ごす。
遠出して走ったことのないルートを走るツーリングもまた良しですが、今回はいつもの岡山で、普段とはちょっと違った楽しみを感じていただけたのではないでしょうか。
ロードサイクリングのいいところの一つは老若男女、いろんなバックグランドを持つ人が一緒に走って非日常の経験を共有できるところ。これからも、そんなサイクリングの楽しさを感じられるイベントを企画してみたいと思います。

最後になりましたが、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました104.png
次回のツーリングイベントは香川だそうです。皆様のご参加お待ちしています!
d0338933_18552521.jpg
おしまい

サポートスタッフ 萬谷





by cicli_pioniere | 2017-07-24 19:02 | ツーリング | Comments(0)
2017年 05月 27日

豊島サイクリング&サンセットクルージングツアー③


d0338933_17422942.jpg
豊島の魅力はここに集約されている。
d0338933_08023317.jpg
豊島美術館
建築家・西沢立衛とアーティスト・内藤礼による美術館。瀬戸内海を望む豊島の小高い丘の中腹に立地し、周囲には棚田が広がり、自然と建築、アートが融和した美しい環境をつくりだしている。中では一日を通して「泉」が誕生する作品《母型》が展開される。天井からは光や風、鳥の声が注ぎ、時間の流れや季節の移り変わりとともに無限の表情を伝える。※ベネッセサイトより(上段写真も)
d0338933_08024990.jpg
個性的な内容・外観、美術館傍の景観は島内随一のすばらしさだ。
個人的に何度来ても飽きない魅力を感じているし、日本以上に世界からわざわざ沢山の方が来ているという事実、岡山からほどないところにこんなところを知らないのは勿体ないと思っている。
d0338933_17453252.jpg
d0338933_08024438.jpg
d0338933_08023959.jpg
こんなところで…彼女は何を見つめるのでしょうか…




d0338933_08022730.jpg
d0338933_08030607.jpg
たっぷりあった1日もあっというまだ、帰路の船からみえるサンセットはまたいつもの夕陽とは違うもの。
別世界を最後まで味あわせてくれた、牛窓港の雰囲気も悪くないな。
d0338933_17493395.jpg
d0338933_17492974.jpg
お集まりいただきましたみなさん、ありがとうございました。
イベント企画・アイデアお待ちしております!







by cicli_pioniere | 2017-05-27 00:31 | ツーリング | Comments(0)
2017年 05月 26日

豊島サイクリング&サンセットクルージングツアー②

d0338933_08034140.jpg

笑顔がステキです!

d0338933_08033223.jpg
すみません、すっかり賞味期限が過ぎたレポート…
唐櫃港に到着したあと自由散策で皆さんほうぼうへ走り出してゆく、多くは島一番の集落がある家浦港方面へ。
私たちは今回「イチゴハウス」さんでパフェやクレープがMASTだったので(笑)

家浦へ到着したら、ひときわ目立つ建物が…
「豊島横尾館」
館内は撮影禁止ですが紹介サイトから
d0338933_13033452.jpg
d0338933_12551969.jpg
中も超個性的でうならせるものがあります、おススメのスポットですよ。





ランチはこちらへお邪魔しました。
美術家のオーナーが移住してきて営む店、コンセプトに惹かれるものがある。
d0338933_12571471.jpg
のどかで居心地の良さがツボに嵌りそう…こんなスタイルに
d0338933_13034230.jpg
HPより
てしまのまどは、その拠点・瀬戸内海の島、豊島(てしま)において、暮らしや自然、歴史などを、「見る」「聞く」「話しをする」といった活動をもとに、地理的、社会的な環境と人々の造形的な営みの関係を再確認し、共有してゆく試みをおこなっています。

また、収集した情報や、活動の記録などを公開し、地域の人々が暮らしを取り巻く様々な事物について、出会いや発見を経験すること、そして豊島を訪れる人々がこの島で経験や対話を得る事で、同時代をいきる人びとがのどかで小さな島の日々の出来事について、 それぞれの生活の延長線上に豊島の地理的、社会的な環境と人々の造形的な営みの関係を感じ、思考・想像してゆくことを目的に活動する任意団体です。
d0338933_12571922.jpg

d0338933_08032130.jpg
d0338933_08031670.jpg
ランチのあと梯子でデザートのクレープへ
殆ど走らないツアーです(;^ω^)
d0338933_08033662.jpg
前回面白かったので、是非とも体験してもらいスポットだった
「檸檬ホテル」
懲りずにまた入った(笑)
d0338933_08032775.jpg
d0338933_08031239.jpg
d0338933_13201858.jpg
d0338933_08030149.jpg
のんびり滞在すると、時間もあっという間に…過ぎてゆきます。




by cicli_pioniere | 2017-05-26 13:21 | ツーリング | Comments(0)
2017年 04月 28日

豊島サイクリング&サンセットクルージングツアー①

d0338933_07571351.jpg
最高の天気に恵まれた1日!


2016年11月 豊島・女木島ツアーを実施したが降雨となり開催したものの心残りだった時とは一転した。
今回は豊島オンリーで企画し、島内を走りまわったりスポットを巡っても充分時間を過ごせるようにしてみました。

またイベントもチクリ・ピオニエーレ単独ではなくて、県内多くのショップに協賛頂き広く公募を行い多くの方へ
検討頂けるようにしました。従来の枠に捉われず新しい価値を生み出したく企画主体のショップになりたいと志しています。

集合時間で、既に暖かく感じるくらいで和やかな雰囲気が。
アートな島なこともあり女性の参加者が約半数を占めるイベントになりました。
女性が楽しめるイベントにこれからも注力してゆきますよ、よろしくお願いします。

d0338933_07545106.jpg
d0338933_07553534.jpg
d0338933_07552180.jpg
d0338933_07554051.jpg
長閑な牛窓港、安らぎますね。

d0338933_07542206.jpg
前島フェリーさん、いつもありがとうございます。

d0338933_07535164.jpg
豊島に到着、これから散策スタート♪
d0338933_07530181.jpg
参加者の多くが楽しみにしていた、豊島美術館ちかくの絶景ポイント
写真で見る以上に素敵なところです。一見の価値アリ!

d0338933_07554667.jpg
各自、目当てのポイントへ分散してゆきましたが、
私達の目当ては…ランチとデザート(笑)

d0338933_07523244.jpg
d0338933_07520136.jpg
その前に、雑貨屋さんをのぞいたり、個性的なスポットへも。

d0338933_07513141.jpg
『豊島横尾館』ここ、超絶個性的でしたよ是非。

d0338933_07510156.jpg
d0338933_07481002.jpg
d0338933_07503146.jpg
ランチはココへ。
美術家の女性が営むカフェ、手作りのパンもランチも美味しかったですね。



つづく


by cicli_pioniere | 2017-04-28 08:05 | ツーリング | Comments(0)