非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:店主のつぶやき( 22 )


2018年 11月 14日

サイクルモード 2018 ② と東京散策

d0338933_13353525.jpg
深川の町中で、LEVELのピストフレームが…
d0338933_18193180.jpg
小径車のよい雰囲気のバイク


2010~2011頃からしたら、華やかさはなくなっているように感じた。
過去のブログを見るに展示であれ、また当時はブースに女性が当たり前にいたのだな…と。

各メーカー今後の大きな流れはEバイク、バッテリーメーカーのBOSCHが大きなブースでPR。
またパーツメーカーなどからは、ディスクロードはもちろんだけどグラベルロードの流れが印象に残った。ロードバイクの裾野が広がったけど多くの方がレーシーなものを欲しているわけでなく、以前のツーリング車にとってかわるだけのカテゴリーがロードバイクの中に垣間見えた。
d0338933_18145925.jpg
こうしたグラベルロードを楽しめるフィールドが近くになるかどうか、というのが一番のポイントになるのではないだろうか。

安全パーツとしてのヘルメット、随分垢ぬけてきている。
d0338933_18142897.jpg
d0338933_18143170.jpg
このあたりはシティライドやグラベル向きか
d0338933_18144087.jpg
d0338933_18143628.jpg
スポーツの廉価版にシールドが装備
紫外線や埃などに有効

d0338933_18145188.jpg


秋晴れの東京、街は年末を控えてクリスマスのデコレーションなどが目立ち華やいだムード、
丸の内ではオープンエアで何かのイベント?地方ではあまり見ないもの。
d0338933_13354829.jpg
d0338933_13355430.jpg
d0338933_13355599.jpg
世の中の動きを感じ取れるようアンテナは揚げておかないと…
d0338933_13401805.jpg
d0338933_13402021.jpg
こういうのには、スグ反応できるんですけどね… (* ´艸`)クスクス
d0338933_13421840.jpg
d0338933_13403128.jpg
d0338933_13403332.jpg
紅葉が都会にも訪れようとしていた秋の1日
d0338933_13403714.jpg
ちゃんと手をかけたことが解るプロの仕事も体験して、自分を顧みる。
吸収したことをお客さんへ還元できるよう日々精進をします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






by cicli_pioniere | 2018-11-14 13:48 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2018年 11月 13日

サイクルモード 2018 ①

d0338933_18185346.jpg
世界選で優勝したバルベルデと、アルカンシェル仕様のキャニオン


東京のサイクルモードへ出かけてきました。
スクールメインの事業形態もあり、トレンドに乗り遅れないように流行りを見ておくことも必要なので。
d0338933_18144453.jpg
大阪で開催されていたころから以来なので7~8年振りかな…   (これも其2)
※スマフォの方はこちら
話は脱線するけれど、この大阪へ当時スポーツ量販店勤務時代でお客さんを送迎するクルマの運転手でしたが、高速の料金所でシートベルト不着用(後席のお客さん)で反則キップを切られて以来警察のお世話になっていないなぁ~と思い出しました。今ではゴールド免許なるものを頂戴しています。

金・土・日の開催ですから金曜日のみ、当日は雨でしたがそれでも開場前から並ぶ人がいましたよ。
私はゆっくり入場して取引先に挨拶しながら、ぐるりと全体を見て回る。
バイクメーカー出店が少なくなり久しい、人気はピナレロとデ・ローザに集中かな。バイクのみならず日頃まとめてみることのできない方には貴重な機会だとは思う、シューズの試着などはありがたい。私も気になるブランドのサイズをチェックしたくらいです。
d0338933_18150917.jpg
あと日本ブランドで元気なヨネックスも新しいエアロフレーム出してました、70諭吉(驚)
d0338933_18190570.jpg
あと気になる新興ブランドをチェック、個人的に気になるところは…
d0338933_18191458.jpg
d0338933_18191092.jpg
新しいものがある一方、ヴィンテージパーツなどを会場の隅でひっそり販売したいた。
こちらのほうが年代的に琴線に触れた(;^ω^)
d0338933_18150664.jpg
d0338933_18192117.jpg
d0338933_18192525.jpg
d0338933_18192812.jpg
周りは同年代かそれ以上、もしくはオタクな若者少し(笑)
おもわず買いそうになったもの多数…



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






by cicli_pioniere | 2018-11-13 19:06 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2018年 10月 02日

ロードバイクに愛をこめて

d0338933_12343702.jpg
ガチガチのレッスンだけでなくツーリングやツアー的なサービスも提供


チクリ・ピオニエーレを開業してあと僅かで3年、準備と無店舗営業を開始して3年が過ぎた。
早いものだ、当時ロードバイクのレッスンを主体とする店は地方では皆無だったけど、
中央ではかなり当たり前の業務(サービス)になりつつあるし、ユーザーもまたスキルを身につける機会として
レッスンに参加ことも他のスポーツのように受け入れてもらえるようになったと感じている。

3年なりやってきた中で、感じていることを書き述べておきたい。
これからスポーツバイクを志してここを見つけた人は勿論、長く愛好してきた方でふと感じるものがあった方
も含めて、深くロードバイクを知り楽しくバイクライフを過ごせるよう支援できるようにこれからも努めていきたい。
ロードバイクが愛される、ヨーロッパのような自転車文化が将来日本でも根付くことを夢みながら…

レッスンに来る方は様々で、
下は小学生、上は60代で男女はもちろん最近は女性がかなり目立つように感じる。
目的も
通販やネットオークション、友人・知人から手に入れたバイクを乗りこなしたい
扱い方がわかならいから教えてもらいたい
遠隔地で近くにショップがない
買ってない店に聞けない
大会にでるために練習方法を教えて欲しい
我流でしてきて伸び悩んでいるので指導して欲しい


私がこうしたレッスン業をするのは、独立前にスポーツバイク量販店で顧客サービスとしてインストラクター業務
をしていたことが大きなきっかけだったけど、購入した『オマケ』で習うことと明確な目的を持ちスクールへ
参加するのでは大きく成長率が違うことにまず驚いた。
さらに、その中でも習うことに依存することなく自ら考え、行動に落とし込めるタイプはより伸びしろがあるように
感じている。
同じ事柄を伝えても、十人十色で感じ方受け取り方は様々で理解度が違うことにこちらの能力を問われることも当然あり
私も現在進行形であることには違いないが、いかに事実を知ってもらい進むべき方向へどう誘うかを大切にしている。
d0338933_19400086.jpg
ロードバイクの難しさとは
多くの方は、単なる体力スポーツと捉えていることが多く、まずそこに疑問符を投げかけるのがピオニエーレ流。
ロードバイクを走らせるにあたりバイクそのものを乗りこなすスキルが必要だし、自然を相手に環境や状況が刻々と変化する中で
常に状況に対応する思考力が必要なことを多くの方は理解するのに苦戦しているように見える。
情報だけは沢山存在するなかで自分に何が必要で、課題がわかったとしてもその取り組むドリルが正しくできてるかどうかの判断ができないのが難しさに輪をかけている。
ましてレースなどの競技をするには、更なる専門的な知識はもとより戦術や戦略、実行力などを必要とし体力と等しく強いメンタルが
無いと結果は非常に出にくいものとなる。

スポーツとしてとらえるならば、課題ごとに今必要なことを根気よく指導し夢へ近づく道しるべを示すこと。
ファンライドという趣味としてなら、今なお自動車中心社会である日本の中でどう融合し、スポーツバイクとしてのライドをしながら
安全をどう担保するのか、これには一定水準のライドスキルが不可欠で道路には無限の危険因子があることを多数の方は知らずに
走っている。ひとたびアクシデントがあれば命に直結する危険要素があるスポーツという認識は非常に低い。
トラブルやアクシデントを限りなく未然に防ぐためのノウハウやトレーニングを重要視してお伝えしている。

沢山の愛好家が増えた昨今、ほんとうに一ショップの取り組みは小さいかもしれなが、
その動きが未来における自転車文化の創造につながると信じて日々、誠実に実直にこれからも取り組みたいと考えている。


d0338933_12333513.jpg
監督としてサポートする、岡山大学自転車競技部
d0338933_12332251.jpg
全日本強化選手の協力も得たりして質の高いレッスンの実施
d0338933_12324358.jpg
動的なレッスンだけでなく、理論や考え方も座学でフォロー
d0338933_12514590.jpg
ロードバイクをフィッテイングによりライダーへマッチングさせる
d0338933_19002339.jpg
カンパニョーロ専門店としてセットアップからメンテナンスまで
d0338933_18590266.jpg
COLNAGOユーザーが多く集まる店としても認知されるようになってきた
※私がCOLNAGO愛用者だから

d0338933_18353819.jpg
流通が大きく変化している中で多様な関わりの推進。
通販製品のダイレクトな受け入れやオークションの代行受け取り・組み立てなど、
ユーザーへワンストップサービスの提供

更にはフィッテイングサービスとの併用でより質の高いマッチングを実現

d0338933_18584421.jpg
初期に正しい知識と練習が最短の成長には効果的
d0338933_18584139.jpg
スポーツバイクは知的スポーツ
ピンときたなら是非一度お越しください。
ロードバイクが大好きなあなたとの出会いを心から待っています。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by cicli_pioniere | 2018-10-02 20:18 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2018年 09月 22日

情報に溺れてませんか?

d0338933_16544095.jpg
最新号の業界専門誌↑

昨今、記事の内容が非常にレベルが高くなってきたと思う。
商売的に気になるのは特にトレーニング系の記事。
d0338933_16543767.jpg
d0338933_16543455.jpg
こうした内容が月刊誌にさらりと載るのは凄いと思う一方で、情報誌は他にもあったりSNSや人気ブロガーなどもそれぞれに情報発信しているので、その情報の整理や理解が多くの方には難しいと想像できる。
至極真っ当な記事、それもレッスンで耳にタコができるほど聞いた内容に酷似する、というより大方の基本は同じだと思うし、それを理解すること、実践すること、そして正しく実施しているか確認することが一番難しいということに殆どの方は解っていないのでは…と思っている。

スポーツバイクの難解点は、スキルやレベルにより必要とすることが微妙に変化すること、自分自身で確認作業が極めて難しいことに集約される。
そうしたキーになる部分を解説したり、そもそもそこ以前の必須なスキルをまずできるようになり、巷にあふれる様々なトレーニングを必要なものを選び実践することで大きくパフォーマンスアップできることとなる。




下記は数か月前の記事
こちらもレッスンでは基本となる走り方のひとつ、記事にして数ページだがこれきちんとできるにはそれなりの時間が要るしレッスンにして1~2回なんかでは到底無理な話。
まして知らずして何万キロ走ったとしても、多くのサイクリストが身につけることができない可能性が高い。

d0338933_12343134.jpg
d0338933_12342977.jpg
多くの素晴らしい機材や道具が溢れるのに、その活かし方を解らないのはもったいないと思うんですよ。
レッスンの基本は、一緒に走ること。
ということは物理的に制限があるので、岡山近郊に限られるけど現在のあなたの立ち位置、そして課題、その課題克服に必要な事、さらには伴走まで。
頑張るのになぜか結果が出せない、納得がいかない方、あなたの知らない世界へ案内させてください。
インストラクター=ナビゲーターと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




by cicli_pioniere | 2018-09-22 16:48 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2018年 05月 31日

ありがたいと感じています。

d0338933_22171505.jpg
開業3年目、昔のお客様が時折来てくれます。
独立前、某スポーツバイク量販店に5年半ほど勤務。
後半の3年は店長をしていたこともあり多くのお客様に接しておりました。

ライドを幾度も共にした方は流石に覚えていますが、
販売とか相談だけとかですとあまりの多忙さにほとんど記憶が薄かったりします。

近頃、そんな折にご対応したであろう方が、ポツポツ来店下さる事があります。
「藤原さんからバイクを買いました」
「相談のっていただいて助かりました」
「独立されたのですね」

その殆どを私は全く解っていないことに大変申し訳なく思うと共に、わざわざ店へ来てくださったことを本当に感謝しています。
退職時にはもちろん店舗で告知をしましたが、短期間ですしその後にお客様へご挨拶できたわけでもないにも関わらずもう3年以上も前のことを未だに覚えてくださることに頭が下がります。

独立したときの想い…スポーツバイクに興味を持った方へほんとうの楽しさを伝えたい。
私ができることとして、バイクのライドレッスンやスクールを通じてちゃんとしたバイクの
扱いや作法で楽に気持ち良い走りを知ってもらいたいということ。
そしてメンテナンスを施しバイクを永く大切に乗って欲しい…

まだまだ力不足で、店のことや事業のことを正確にPRすらできてないと感じています。
そんな中で再び私を思い出して来てくれた方には精一杯の恩返しをできたらと考えています。
些細な事でもかまいません、是非ご相談投げかけて下さい。お待ちしております!

私を思い出して来て下さった方へ、6月よりウエルカムコーヒーを1杯ご提供します!
私の心を込めたハンドドリップコーヒーを飲みながら色々お話きかせてください。
心よりお待ちしております♪








by cicli_pioniere | 2018-05-31 22:18 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2018年 05月 18日

ロードバイクはただの自転車?なのか…

d0338933_17253971.jpg
スポーツバイクは、『スポーツ』なので


ロードバイクとは競技用自転車の1種で、速く走ることだけにフォーカスして不要なものを取り去ったもの。
なので泥除けも荷台も無い、走る以外に買い物したり、二人乗りしたり(法的にダメですが…)とてもできない代物。
そう、走るというスポーツするための道具なんですね。

スポーツとして考えてみた時、とても稀有な事ですが専門のスキルが無くても見かけ乗れてしまう(走れてしまう)という
性質から専門スキルがおざなりになっているケースがとても多いんです。

本人の意思とは別に、速く走るために造られたものですから、乗り手のスキルが未熟でもスピードが出るということ。
ましてイベントやレースとかでは多くの人と走ることになるので相応の作法を知らずに参加することは危険が伴ったりします。昨今、多くの方がスポーツバイクに興味関心をもってくださってますが、そうした方へ安全に走り楽しむためのスキル・マナーを知ってもらいたいと切に願っています。

またスポーツの道具であるから、実は身体とスキルに伴ったポジショニングというのも重要ですがこちらもご存知ない方が多く、とても扱いにくい状態で走っておられる方もお見かけしています。

販売店で購入した状態では、残念ながらバイクに身体を合わせている状態といっても過言ではありません。それをいかに身体にフィットさせ、さらにはスポーツバイク特有のライディングスキルを知り、適切なスタートをしてもらいたいためのサービスが当店がおススメする『フィッテイングサービス』です。

ご自身のバイクをご持参いただき、まずは室内で身体のサイジングからバイクのセットを確認、再セットアップをするもの。約60~90分ほどかけて身体へ合せたバイクを実際にライドしながらフォームや身体の使い方をレクチャーするまでをパッケージにしています。概ね120分ほどかかりますから、完全予約にて施工させていただいています。
土日ももちろん実施可能ですが、午前中にライドレッスンを行う関係から基本的に午後になります。平日は比較的ご対応しやすいので、お気軽にご相談ください。

フィッテイングサービスの肝は、いかに実際のライド状態が室内と変わりなく行われているのか…という点です。
開店以来、既に150名を超える実績からより心地よいライドを身につけていただけると自信をもっておススメします。

フィッテング基本料金:13000円(税別)
※部品交換が発生した場合は別途追加あります

d0338933_17272422.jpg
d0338933_17263647.jpg
d0338933_17270525.jpg
d0338933_17262217.jpg
当店はスポーツバイクを楽しむためのソフトを販売しているショップです、なのでロードバイクをどちらで購入したのかは全く問いませんのでお気軽にご相談ください。


Cicli Pioniere (チクリ ピオニエーレ)
岡山市北区一宮34-1
086‐897-0879
info@pioniere.link


by cicli_pioniere | 2018-05-18 17:36 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2018年 02月 25日

平昌冬季五輪に見た、サイクルスポーツの真髄

d0338933_14200540.jpg
スポーツバイクの難解点は『空気抵抗』

この目に見えない障害を理解してもらうには説明が難しい…日常で実感できる体験が出来にくいからだ。
今回、スピードスケートの女子チームパシュート金メダルの功績は自転車界にとっても大きい。

空気抵抗のみならず、3人チームでの戦いに個々のパフォーマンス(体力)では劣るメンバーがチームでは勝利できる妙こそが今回一番にテーマにしたいことだ。

クラブで推奨するスポーツバイクの楽しみ方の根本に、ソロ(独り)でいかに無駄なく自分の力を有効に使い楽に遠くへ行ったり走ったりすることができるか、という基本的なライドスキルの習得とその次ステップで複数でお互いの体力差を補い一体化して走るかというものがある。この後者の部分が今回五輪でのチームパシュートに集約してみることができる。

日本の勝利は、
①空気抵抗を最大限に減らすこと ②体力差をペースと交替スケジュールで埋める
この二点に集約される。

この二点を日頃のレッスンに置き換えてみたい。
①解説で声高に言われていたが、スケート屋内リンクのそれに比にならないくらい屋外を走るバイクの空気抵抗は大きい。
その抵抗を最大限に軽減するにはドラフテインングが必須だ。ざっくりとちゃんと先行者のあとにつければ、ゆうに30%は節約できるはずでそのスキルにより10%ほどは変わってきてしまう性質を持つ。
また交替の際のスキルもしかり、日本チームがライバルチームより短い時間で交替を済ませることがポイントとして挙げられていたが、このポイントを意識できている人もまた非常に稀だ。
基礎レッスンでなぜドラフテインングとローテーションをしっかり練習するのかは、②を効果的に行うには前段として①が無いとできないからです。※もっというと、単独で無駄なエネルギーと使うことなくペース走をするのは基本中の基本になる。

②スケートでは、パフォーマンスに優れる高木(妹)選手に6周のうちの約半分にあたる3周を課していたが…
本来なら、パフォーマンスが揃ったメンバーで走るほうがローテーションが規則的で容易なことは明らかだが、今回は力量差を走行順位と周回数でち密に計算されシナリオどおりに展開した(するために多くの練習を積んだはず)日本が勝利した。
中級レベルに差しかかるくらいになれば、
その時に集う仲間の走力差を見極めながらお互いが相応の負荷感になるべく先頭風圧負担を調節する。(先頭を引く時間により)
あまりに走力差があると風圧を担当できないばかりが、ついたまま(いわゆるツキイチ※着き位置ではない)となり、スキル習得に繋がりにくくなるので、ツキイチ参加になるのはできるだけ避けているのはこうした理由から。
走りながら自分と他の方の状況を常に考えながら走る、よく言えば周りに気遣いながらフォローすることです。別な観点でいえば特にレースではライバルの不利な状況をいち早く察知しアクションを起こし、自分に有利な展開を創る…そのためには自分とライバルの状況を常に把握する能力が不可欠。

スポーツバイクの最大の素晴らしさは、体力差の老若男女が共に走ることができるということ。
これには論理的な知識とスキル実行力が伴わないと実現できません、巷でよく言われる “ゆるゆる詐欺” “楽しくサイクリング” が何故か起こってしまうのは、仕方のないことなんですね。

またよりスポーツ色が強い話ですが…
サイクルスポーツは道具を使いながら、競技相手との駆け引きや展開など体力以外の要素が多岐にわたるスポーツ。
解りやすくいえば、体力が劣る方にとっても活躍できる可能性のあるスポーツということ。

選手の強さとは何なのか、それはレース結果を出すことでしょう。
強さを創り出す要素とは…
・体力
・技術(バイクを乗りこなす、バイクを扱いきる)
・メンタルタフネス
・質の高いバイク(扱う技術が無いと宝の持ち腐れです)
・戦術
・レース勘

何が申し上げたいかといいますと、今回のスケートの事例において
少なくとも体力の不利な日本チームは、空気抵抗に対抗する技術戦術がきっちりあり、それを実行するために年間300日にもおよぶ代表チームでの練習を行いメンタルが備わったからではないでしょうか。

さらにスポーツバイクでは、スケートよりもバイクに乗るというバランスと精密な変速パーツの装備されたレース用バイクを使いこなすということが必要です。体力はあるに越したことはないのですが、求める結果にはいくつかの要素をバランスよく組み合わせることができる人が成績を出せる人に共通することだと断言できるでしょう。
すべては掛け算です、なので1要素がひとつでも欠落して1とか0だったりすると、何かが10点でも結果は限りなくでにくくなるでしょう。平均点であることが必要でなく最低限のポイントを持ちながらどの掛け合わせがポイントが高くなるのか…というあたりがスポーツバイクの面白さだと思います。

最後に、チームパシュートの金メダリストのメンバー高木(姉)がマススタートという種目でも金メダルを獲得しました。
これこそまさにロードレースに近い競技性を持つもの、TTと違い戦術やレース勘が大きく影響するレース。体力に優れるオランダ選手をマーク、うまく利用し最後に出し抜いた痛快なレースでした。オランダ選手がもう少し冷静でしたたかであれば勝負は違っていたでしょうね。

あなたは、どんなふうにロードバイクを楽しみたいですか?
とにかくヘトヘトになるまで走り満足するのか、自分の能力を100%使い切り120%の結果を出したいのか…

チクリ・ピオニエーレでは、平昌オリンピックのチームパシュートのような連帯感ある走りをお伝えします。
ドラフテイングもどきでなく、本物のドラフテイングをマスターして欲しい。
その走りがいかに心地よいものかを実感してもらえるクラブであるとお約束します。

お問合せ歓迎します
info@pioniere.link









by cicli_pioniere | 2018-02-25 14:28 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2017年 12月 27日

2018年 新たな歳を迎えるにあたり…

d0338933_18415584.jpg
d0338933_21341721.jpg

3年目の2018年、さらなる勝負と捉えたい。


2017年がはや終わろうとしている、この1年何ができたのだろうか…
毎年年末にはふと思ってしまうのだが、開業2年目の今年は昨年以上の新規イベントへの取り組みも試みたりしてみた。まだまだ企画力というか実行力が自分的には不足していると感じている。

一方、クラブメンバーの成長は著しくスキルの上達はもちろんだが、大会でのリザルトにも反映して来た。具体的な目標を持ってもらうことで普段意識していないことを明確化してもらうことに慣れてきたとも思う。特にクラブスタート時点でレーシングクラブでは無くライドスクールですから、個々人のレベルに合わせてクラスを推奨して参加してもらい、スキル向上に合わせて次ステップへ進んでもらうようにしている。ノルマがあるわけでなく個人の取り組みが基本中心なので進度は様々だ、それでも同時期に初めた仲間とともに切磋琢磨する風土は貴重で、単なるショップライドと一線を画するのはそのあたりの意識レベルと温度感がなせるものではないだろうか。
d0338933_23132694.jpg
d0338933_06222180.jpg
d0338933_06200768.jpg

来年も引き続き重要視するのは、バイクを扱うライド技術と動的スキル。
スクールをやりながら気付いたことは、バイクにちゃんと乗れてない(みかけ走れるのとは違う)方が沢山いること。なのでSNSとかで拝見して気になるのは、ちょっとしたことで落車し怪我も多いことかな。
ある程度体力がつけばおのずと走行速度があがるが、そこにはスポーツバイク特有の動的スキル(集団走スキル)が身につかないと加速度的に危険度が高まることに気づかず、無理目の練習へ必死について行ってしまうことが大きな要因だと思われる。
まずはバイクにきちんと乗れること(基礎バランス)、そしてドラフティング・ローテーション・一般道での他者との間合いとアクティブセーフティの習得がなによりも大事。
特にスポーツ系で走る人は、とかく体力を使うトレーニングに傾注するが基本が抜け落ちているケースが散見されるのが特徴だ。
ピオニエーレでは、そこを重要視しながらハイパフォーマーの育成を目指している。

d0338933_15074691.jpg

速さとかキツさ以外の楽しみも知って欲しい
岡山でもスポーツバイクの愛好者が増えてきたが、バイクの関わりはまだまだ限定的?なように思う。ピオニエーレで推奨していきたいのは、生活の中でバイクとアウトドアだったりグルメだったりファッションや芸術的なことも絡んだ総合的なバイクライフかな。
なので、もっと他業界の知識や経験値がある方が来て欲しいし、アドバイザー的な仲間が欲しいとも思っている。なによりクラブメンバー同士がレッスンを越えて関わるキッカケとなるクラブでありたいと思う。SNSでは得られない多くの価値ある情報が行きかうそんなクラブを目指しています。
d0338933_07535164.jpg
d0338933_18491324.jpg

d0338933_11275304.jpg
d0338933_20201892.jpg

より質を高めること、それがピオニエーレに来てくれる方に提供できる価値へ
レッスンのほう、クラブメンバーの様々な状況にあわせてフォローしてゆく体制を整えたい。フォローしてくれるスタッフがいて成り立っているが、より組織的にしてゆくことが2018年必須。
こちらから様々なことを提案してゆくことを主体としながらも、メンバーが必要としている事に敏感になりイベント実施をしてゆけるようにしたい。そのためにも様々な意見をくみ取りながらやっていきたいと思う。より個々メンバーとのコミュニケーションを取れるようになることが急務かと感じている。
d0338933_08553394.jpg

大事なのは今、物事先送りでなく今を大切にしたい
夏前に血液検査から腎臓系の気になる数値が出た…再検査は問題無かったがいったい何のしるしだったのか…ここ数年で上昇傾向にあるコレステロール値や血糖値、そこに比例するような疲れの蓄積と回復との相関関係。走りこみをするはずだった12月、急性の血栓性外痔核になった。51年無縁のもので全くノーマークだったのだが…外科病院での相当な患者に驚いたが、選手時代から慣れ親しんだ節制が病気との無縁と関係していることは間違いない事実だろう。
とはいえ間違いなく低下してゆくパフォーマンスと認識する自分との乖離がつらい世代になってきた。だけど、この夏フランスの世界大会で見た同世代の驚くべきパフォーマンスにまだまだ諦めたくない自分がいた。より一層の自己管理の必要を感じざるをえない状況だ。
なので、2018年競技者としての集大成のつもりで取り組み、再度夏の世界大会へ挑戦したいと思っている。今やらないで何時やるのか…将来後悔しない生き方自体が僕の目標だ。
d0338933_18540472.jpg
d0338933_20102966.jpg
今ある当たり前の状況が明日あるとは限らない、だからこそ今日を大切に生きる。
それが中長期的に見据えたところに近づくもっとも基礎的な取り組みだと思っている。
あなたにとって素晴らしい人生の一瞬にでも関われたら幸いです、2018年も宜しくお願い致します。


Cicli Pioniere  オーナー藤原 龍治











by cicli_pioniere | 2017-12-27 09:17 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2017年 05月 18日

独りの力なんてしれている



d0338933_21383409.jpg
時の流れに乗り遅れそうだわ


久々に独りごと系…
春から企画モノが目白押しで、そこに主催者である自分がちぎれそうな感覚です。
気がつけばもう5月も終わりそうで、1年の半分が過ぎるかというような時期。
過ぎ去る時間と、自分の状況進度の相違に愕然とする日々。
一言で言うと、同時に幾つものタスクを処理しきれてないんですね。

今年、前半の大きな目標は、なんといっても7月のニセコクラシック
いくつものレースをこなせるほど余裕はないので、1本集中。
また明確な目標をもつメンバーのフォロー、そうでない方も序々に目標を明確化できるよう支援したいと思う。

明日から、実業団ソースチームのフォローで長野入り。
GWについで2回目、長野の空気は素晴らしい!沢山深呼吸して月末頑張らないと…飯が食えない(^_^;)

豊島ツアー、あづみのツアー、石見グランフォンド、夏休みの宿題のようにブログが溜まる日々、
さらに今回のレースネタ、果たして来月を無事に迎えれるのでしょうか…汗

自称ブロガーの方、是非ピオニエーレで働きませんか??
お力お貸しください。最後はリクルートかよ(笑)宜しくお願いします。






by cicli_pioniere | 2017-05-18 21:38 | 店主のつぶやき | Comments(0)
2017年 02月 20日

鉄人テツロー オポチュニティ セミナー

 
d0338933_11330338.jpg
あきらめない夢 120%

d0338933_11275304.jpg
福山からトライアスリート福元 哲郎氏をお招きした、モチベーションセミナーを開催しました。
総勢122名、大盛況で無事に終えることができホッとしています。
d0338933_11270279.jpg
d0338933_11271428.jpg
d0338933_11273880.jpg
今だから話せる、いや知っておいて欲しいことを書いておこうと思います。

独立・開業1年を無事に迎え、素敵なお客さんや知人に後押ししてもらう日々。
その感謝を何かでお返しすることが僕の志事(仕事を今日からこう書くことにしました)だと思っています。
レッスンに参加してくる方も想いは様々、だけど共通して伝えたいことがあった。
知り合いでも伝えたい人が沢山いたし、もっというとまだ見ぬ未来に出会う方をも含めてのイメージで。
今、私は多くの希望を持つ方に囲まれ志事ができています、それは何にも代えがたい価値だしありがたいと実感しています。志事で多くの方を見ながら…人間の心はそんなに強くはありません。私もですし強く見える人でもです…。
そのなかでも、未来に希望をもって歩む人を応援することこそが私の志事であるから、その想いと考えの原点をどう表現するかを考えていた。


福元氏を知ったのは、昨秋に広島サイクルフェスタでの事。表彰プレゼンターとして来賓されていたのだ。表彰台で向かい合う彼の服の上からでも解る鍛え上げられた肉体を見て、後ずさり…しそうになった(笑)
後から、福元氏の経歴はもとより活動を知り、失礼ながらメッセージをお送りしセミナーの依頼をした。理論派(自称)の私が、これはと直感したからだった。
やるからには、沢山の人に来てもらいたいし、時期はバイクで言うとオフシーズンの冬にやりシーズンインへ繋げたい想いもあった。

福元氏の予定、私のスケジュール、しかし問題は会場手配にあった。
20名クラスの会議室はあるが、50名以上の部屋が限りなく少ない、既に予約済とか…かといって参加費を押さえたいので、立派なホテルとかは無理だし…某国民宿舎系の施設で安価な案件をみつけココだ!と思ったら、市の条例で企業や商売に関わる方には基本価格の4倍?だったかな、法外なことを言われ涙…。
d0338933_11272191.jpg
無茶振りして助けてくれたのは、他でもないレッスンにも来てくれる小橋工業株式会社 社長の小橋氏だった。

私「こんどセミナーを主催するんですが、会場がないから会議室貸してもらえませんか…?」※コレって、いわゆるパワハラですかね?
社長「どんな内容なんですか?」
私「これこれこんな…社長にも是非参加してもらいたい…」
社長「わかりました」
ほぼ即答いただいた。感謝

日程が少ない中で、チラシづくりに岡大自転車部のエースMくんに協力をもらったり、会場準備や受付はメンバーのKさん、広報では多くのバイクショップのみならず、トライアスリート仲間のフード店や地元で集うグループ代表のEさんも快く宣伝を手伝ってくれた。

しかし、動員は簡単ではありませんでした。
一部のマラソンとブッキングしたり、個々様々なイベントも勿論あったのか…
結果的にここでも小橋社長が自社社員を誘うということに繋がり、結果として志の高い方が集まってくれたのだった。
正直、まさか社長のパワハラで…仕方なく参加とかだったら…
心配は杞憂に終わる、受付~セミナーへの向き方を見るに、来てもらってよかったと実感できた。
d0338933_11325391.jpg
何よりも、テツロー氏は私の直感したとおり、私が伝えたかったそのものを実践してくれた。彼もまたいくつもの挫折を経験し今に至っている、その一部を知ることとなったが、それは私自身も過去、大きな怪我でもうダメかなと折れそうになりながら過ごした時を思い出させるに十分な内容で、いかに彼が簡単に話してしている復活劇が大変だったかは想像に容易かった。
その時(私の負傷時)の弱い自分を思い出したり(今でも弱いです)、支えてくれた人のことが頭の中をめぐってきたら、色んな想いが混ざりあい涙が出てきました。

うーん、お客さんに感動してもらいたいのに、主催者が…受付が会場の前部分でそのまま聞いていたので、後ろで聞いたらよかったな…と思ったのは後の祭りだった(笑)



今回、私が投げかけたことに(セミナーのお誘い)、反応は様々だった。即答で参加意志をくれた人。思案しながら参加してくれた人、迷惑そうに断った人、用事があり無理だった人…
ここに私自身の現在での信頼や評価を見て取れると思っている、まだまだこれから精進してゆきたいし、日々をちゃんとやらないとと再認識する機会にもなった。
でも私はあきらめない、信じることをするだけだし、正しい方法で日々継続すれば必ず目標(夢)には近づけると確信しているからだ。
これこそがテツロー氏のセミナーテーマの「あきらめなければ 夢100%」なのだ。
参加した方の感じ方は人それぞれだろう、それでもテツロー氏からそれぞれに感じるものはあったと思う。
なにより、セミナーから帰るみなさんの顔がとても素敵だった…
これを小さなことでいい、今日から自分に取り入れることができたら、必ず前へ進めることを私は断言したい。

1周年企画のメインとして行ったイベントですが、福元哲郎さん、小橋社長、参加してくれた皆さん、当日コーヒーサービスをしてくれたベッソコーヒーさん、協賛してくれた各ショップのみなさん、開催にあたり手伝ってくれたメンバーさんや小橋工業の社員の方々、ほんとうにありがとうございました。

次はもっと多くの方が参加したいと感じてもらえるようなことを企画します。
今後ともよろしくお願い致します。


◎テツローさんのブログ



協賛店

cycle shop Freedom岡山

cycle shop Freedom倉敷

BICYCLE PRO SHOPなかやま 

Bon Vivant

やまうちサイクル

BICYCLE SHOP FINE

遊食酒家 ふう 

ラーメン小紫

SAYA

株式会社安藤嘉助商店
BESSO COFFEE
フレックスギャラリー店

※文中の仕事→志事について
セミナーに於いて、テツロー氏が紹介していた言葉です。
何事も志をもって真摯に取り組もうと感じ取れたので、使わせてもらうことにしました。








by cicli_pioniere | 2017-02-20 11:22 | 店主のつぶやき | Comments(0)