非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ギャラリー( 8 )


2019年 09月 09日

TREK madon5.9

d0338933_14550741.jpg
気に入ったバイクを長く愛用しよう!

某選手がツールで7連覇(幻の)した世代のバイクだ。
ホリゾンタルなフレームが心くすぐるものがある。

ながく埃を被り納屋で眠っていたが再生させたいとのご依頼をいただき、最新世代のパーツで快適ライド仕様に再セットさせていただいた。

パーツはアルテグラ、ホイールはゾンダをセレクトして当時53×39、12-25からはワイドレシオとなった昨今のドライブ系で当時体験できなかったライドを実現する。

もちろん折角の組みなおしですから、フィッテイングで最適化させたポジションにて実施しています。
※フィッテイングは13000円税別
d0338933_14510043.jpg
d0338933_14505649.jpg
d0338933_14513361.jpg
d0338933_14504509.jpg
ホイール・タイヤも太目になり乗り心地をパンクリスクを低減
d0338933_14513092.jpg
d0338933_14503680.jpg
リアシートステーの造詣がかっこいいですね

新しいバイクも古いバイクも大切にする方、大歓迎!
どちらで購入しているかは問いませんのでお気軽にメンテナンス等ご相談ください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





by cicli_pioniere | 2019-09-09 15:03 | ギャラリー | Comments(0)
2019年 08月 09日

LOOK 595 ULTRA

d0338933_14005868.jpg
2000年代の名車である1台だ

メンテナンスでお預かりしたLOOK、近年では見かけることの少なくなった595。
この時代は現在のようにアメリカンバイクが席巻してなくてヨーロッパのバイクがトレンドを創っていた。
インテグラルシートポストなどは独自性豊かなフランス車のLOOKやTIMEなどが広めたといえます。
ほとんど無くなってしまったラグドのカーボンフレーム、貴重ですね。

d0338933_14005398.jpg
d0338933_14004327.jpg
前三角のパイプは応力がかかる部位に合わせたつぶし方向が異なる
d0338933_14004168.jpg
d0338933_14003805.jpg
d0338933_14010272.jpg
スマートなスタイリングは今となっては貴重なものだ、ホリゾンタル基調の残るフレームや
ベントしているフォークが琴線にふれるライダーも少なくないと思う。

パーツを見てもライダーのこだわりが見て取れる
・クラシカルなシャローハンドル
・握りごこちを左右するバーテープ※この世代に主流だったメーカーだ
・ホイールは23Cサイズにあわせた15C幅のもの
・ペダルは定評あった金属ボディ製

d0338933_14010501.jpg
フレームもホイールもULTRAで揃う
d0338933_14004685.jpg
末永く大事に乗り続けてほしいバイク
大切にされたバイクをみるとメカニックさせてもらうほうも嬉しいものだから。

いつの世代であれ、メンテナンス大歓迎します。
古い世代を知らないバイク屋さん多くなりました、当店は4年目の新しいほうのショップですがオーナーはバイク歴40年近くありロードバイクの経緯を知っているのでお気兼ねなくお持ちください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by cicli_pioniere | 2019-08-09 14:24 | ギャラリー | Comments(0)
2019年 07月 04日

COLNAGO V2-r UAEチーム仕様 

d0338933_15364875.jpg
UAE Emiratesチームのプロ選手が使用したバイク

コルナゴがスポンサードするチームの選手が乗ったバイクが限定販売された。
チームのジロ・デ・イタリアの活躍は記憶に新しいですね。

極少数輸入されたもので、 ピオニエーレに縁あって来たものです。
d0338933_15364444.jpg
スーパーレコードにBORA仕様です
d0338933_15364144.jpg
これはULISSI選手が使っていたそうです
d0338933_15363722.jpg
d0338933_15362742.jpg
d0338933_15363081.jpg
昨今のトレンドは11-29
d0338933_15362121.jpg
プロスペック、53×39です
d0338933_15361413.jpg
タイヤも25Cですね
d0338933_15361002.jpg
カラーリングも専用品、市販してないものです。佇まいが特別ですね~


コルナゴのことなら正規代理店のピオニエーレにお任せください。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







by cicli_pioniere | 2019-07-04 15:45 | ギャラリー | Comments(0)
2018年 08月 08日

COLNAGO C64

d0338933_17425945.jpg
コルナゴのハイエンドモデル

2018Mの期中に突然登場したハイエンド、C59→C60のオーナーである私も注目の1台

ツーリングに出掛けるのに、簡易メンテナンスのご依頼をいただいた。

私の乗れるサイズだったゆえに、控えめにテストライドをお願いしたらあっさりOKでビンディングペダルまで

付け替えて乗ってみた。

見た目は大きな違いが少ないが、やはり進化をはっきりと感じることのできるレベルの違いがあった。

なにより剛性があるにもかかわらず路面追従性の高さ、これは特筆すべきものだ。

C59→C60への変化の際に驚きのマイルド加減があったのだが、それとは別でまるで優秀なショックアブソーバーが

ついているかのような猫脚系のしなやかさをもつ。スタビリティが異常に高くなっていることがはっきりと認識できた。

更にはV2Rに匹敵するかの軽量性、コルナゴは軽量に対して過剰なことをしなブランドだがカーボンが進化した今、

おそらく特別なことでなくこの重量を達成できるのだと思う。まぁ、スタビリティを犠牲にして軽量化をしても意味がない

と思うのだが、世の中そんなバイクはごまんとあるわけで…信頼できるライドフィールの上での軽量化はあったほうがいいからね。
d0338933_17425096.jpg
ジルコデザインは踏襲
d0338933_17425394.jpg
控えめなボディデザインとロゴ
d0338933_17424842.jpg
d0338933_17424117.jpg
d0338933_17423885.jpg
d0338933_17424353.jpg
マッシブなBBサイズからは想像できない懐深い乗り心地
d0338933_17422246.jpg
d0338933_17432342.jpg
ぱっぱりカンパが似合うと思う
d0338933_17432100.jpg
ピラー裏側にイタリアントリコロール、このさりげなさがいいね。




by cicli_pioniere | 2018-08-08 07:29 | ギャラリー | Comments(0)
2018年 01月 30日

COLNAGO  V2-r 520S


コルナゴ史上最軽量のオールラウンドバイク、V2-r をアルテグラDi2で組み上げた。

d0338933_13124117.jpg
d0338933_13123876.jpg
V2rで唯一のエアブラシによるペイント。
ゴールドとシルバーのボカシが他に無い個性あるカラーリング、質感と色気が程よくバランスされている1台ではないだろうか…
BORAのダークラベルとのマッチングは上々だ。

d0338933_13123572.jpg
d0338933_13123131.jpg
床の間バイクという表現は好きではないが、乗っているときのみならず降りてからも楽しめるバイクだ
d0338933_13122818.jpg
シートステーの僅かな曲げで振動を調整、剛性としなやかさをバランスさせる
d0338933_13122408.jpg
d0338933_13122276.jpg
今やスタンダードなダイレクトマウント、リアもシートステーになる
d0338933_13121896.jpg
d0338933_13121553.jpg
d0338933_13121267.jpg
d0338933_13120837.jpg
パーツはアルテグラグレード、オーナーはいつの日かカンパニョーロと呟いていた。


ロードバイクの組み付け、メンテナンス承ります。
ピオニエーレでは自転車の新車販売は行っていないため、他店やwebショップでご購入された自転車の持ち込みも歓迎いたしますのでお気軽にご相談ください。※ info@pioniere.link
--------------------------------------------
工 賃:フレーム組立 35,000円(税別)  ※持ち込みバイクを分解して組立の場合は38,000円(税別)
期 間:1週間
--------------------------------------------


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Cicli Pioniere チクリ・ピオニエーレ
岡山市北区一宮34-1
086-897-0879
www.pioniere.link
info@pioniere.link
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



by cicli_pioniere | 2018-01-30 13:23 | ギャラリー | Comments(2)
2017年 05月 26日

CANYON ULTIMATE、AEROAD


d0338933_20222112.jpg
d0338933_20261607.jpg

日本のバイクショップのあり方を問われている…
d0338933_20221848.jpg
このバイク、実はマットブラックなんですが…
クリア塗装を施して、オリジナルの1台にカスタムしています。
d0338933_20220811.jpg
d0338933_20221485.jpg
d0338933_20214782.jpg
d0338933_20215113.jpg
d0338933_20215475.jpg
d0338933_20215945.jpg
d0338933_20214048.jpg
d0338933_20220295.jpg
エンドユーザーが直接メーカーから商品を買うスタイルは、決して珍しいことではないが組み立てやメンテの伴う
ロードバイクにとってハードルは高い。また既存の物流で商売してきた既得権を持つ方からは当然反対されることもある。
そんな流通のキャニオンも岡山で見かけることも珍しくなくなった。

軽量モデルとエアロロードの2種を組み立てした。
特にエアロロードは独自のエアロハンドルや内蔵バッテリー搭載方法もありドイツらしい質実剛健的なものづくりに
妙に納得しながら組み立てた。

メカニックといいながら極めて選手よりな目線な私がもっとも気になるのは、走りや乗り味はどうなのか?
という部分だった。
限られたライドではあるが、どちらのモデルにも共通することは乗りやすいということだ。
一般的に軽量マシンだと、挙動が不安定でビギナーやスキルが低いと真っすぐ走ることができない(本人は気付いてない)、
またエアロロードは空力を重視するあまりに旋回性能が犠牲になるケースも少なくない。
このネガティブな不安を2車とも不安なくクリアできていた。
どちらもキャニオンの中ではハイエンド系に属するグレードのはずだけど、技術先行でライドフィールを犠牲にすることなく
上手にまとめているのは流石欧州車ではないだろうか。

こうした、素晴らしいバイクが流通マージンなく買えると、それは安い。しかし、それはユーザーに相応の知識や経験が
求められることを抜きにできない。残念ながら日本のマーケットはそこまで成熟していないのが現実だ。
無知なユーザーがこうしたバイクで走りトラブルを起こしたり、ましてトラブルに巻き込まれる方も出てくる可能性もある…
そんな状況をすこしでも減らせることができたら…と思いながらセットアップした2台だった。






by cicli_pioniere | 2017-05-26 00:06 | ギャラリー | Comments(0)
2016年 09月 20日

NAKAGAWA Prominence フルクロモリ


d0338933_15240345.jpg

新世代ワイヤーコンポ『POTENZA』搭載!



フルオーダー クロモリバイクが一定のユーザーに受け入れられていることに異論はない。
レース最前線での性能を語るつもりもないが、最先端マテリアルでまだ成せないことがクロモリにはあるからだ。

常に新しいものには反応してきた私(店主)が、2008年にかつてのレースバイク(80年代クロモリ)をレストアしたことで、
あることに気づく。そして新たに2009年に作成したのがこのフレームだった。

当時、軽量カーボンフレーム(800g台)で、5㎏台のバイク造りに勤しんでいたのだが…
それとは違う価値を見出し、2009~2011年までレースバイクとして走らせた。

その後、私のレースバイクは言わずもがなではあるが、今回新コンポのテストとデモバイクを兼ねて復活させた。
カンパの身近なコンポを是非体験してもらいたいので、お気軽にご試乗ください。

d0338933_15204643.jpg
パーツはブラックだが、グロスとマット仕上げを部位により使い分けている。
質感の向上に一役かっていると思う。
d0338933_15205097.jpg
d0338933_15203634.jpg
d0338933_15212743.jpg
やはり、ホリゾンタルスタイルは永遠に不滅だと思う
小柄な私にはもう少し大きいサイズが乗りたい…
d0338933_15201414.jpg
賛否両論あるが、すっきりとした4アームクランク
○マノさんよりカッコはいいと思うのは私だけ?
d0338933_15202351.jpg
d0338933_15200113.jpg
d0338933_15195752.jpg
d0338933_15195212.jpg
d0338933_15194101.jpg
ホイールはフレームと同時代のゾンダ、まだまだ使えるのはカンパならではの高品質です。





by cicli_pioniere | 2016-09-20 19:07 | ギャラリー | Comments(0)
2016年 03月 09日

COLNAGO V1-r 2016M

d0338933_23023541.jpg
d0338933_07575158.jpg
世界を舞台に戦うに相応しいバイクだ
d0338933_23024221.jpg

日本のみならず世界へも挑戦する資格を持つ選手のバイク、今年は久しぶりにマシンを変えて更なる挑戦をするという。
コルナゴ乗りである私に依頼を頂いたのは大変嬉しいこと。
コルナゴ最軽量でありながら、類まれな操作性を犠牲にしていないマシンはきっとハードな戦いでアドバンテージを持つはずだ。
安定のデュラエースDi2に、BORAという仕様で戦いに挑む。
d0338933_23022918.jpg
d0338933_07570648.jpg
d0338933_07562119.jpg
d0338933_07565265.jpg
d0338933_23020793.jpg


by cicli_pioniere | 2016-03-09 00:01 | ギャラリー | Comments(0)