非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 08月 08日

COLNAGO C64

d0338933_17425945.jpg
コルナゴのハイエンドモデル

2018Mの期中に突然登場したハイエンド、C59→C60のオーナーである私も注目の1台

ツーリングに出掛けるのに、簡易メンテナンスのご依頼をいただいた。

私の乗れるサイズだったゆえに、控えめにテストライドをお願いしたらあっさりOKでビンディングペダルまで

付け替えて乗ってみた。

見た目は大きな違いが少ないが、やはり進化をはっきりと感じることのできるレベルの違いがあった。

なにより剛性があるにもかかわらず路面追従性の高さ、これは特筆すべきものだ。

C59→C60への変化の際に驚きのマイルド加減があったのだが、それとは別でまるで優秀なショックアブソーバーが

ついているかのような猫脚系のしなやかさをもつ。スタビリティが異常に高くなっていることがはっきりと認識できた。

更にはV2Rに匹敵するかの軽量性、コルナゴは軽量に対して過剰なことをしなブランドだがカーボンが進化した今、

おそらく特別なことでなくこの重量を達成できるのだと思う。まぁ、スタビリティを犠牲にして軽量化をしても意味がない

と思うのだが、世の中そんなバイクはごまんとあるわけで…信頼できるライドフィールの上での軽量化はあったほうがいいからね。
d0338933_17425096.jpg
ジルコデザインは踏襲
d0338933_17425394.jpg
控えめなボディデザインとロゴ
d0338933_17424842.jpg
d0338933_17424117.jpg
d0338933_17423885.jpg
d0338933_17424353.jpg
マッシブなBBサイズからは想像できない懐深い乗り心地
d0338933_17422246.jpg
d0338933_17432342.jpg
ぱっぱりカンパが似合うと思う
d0338933_17432100.jpg
ピラー裏側にイタリアントリコロール、このさりげなさがいいね。




by cicli_pioniere | 2018-08-08 07:29 | ギャラリー | Comments(0)


<< Wilier Cento1 ス...      8月の月間予定 >>