非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 22日

軽量カーボンロード

d0338933_20282503.jpg
存在感あるライトブルーのモノコックカーボン、初代11Sスーレコ仕様


組立依頼をありがとうございます。
特殊なバイクでもなく、ASIA製のモノコックボディだろう…デカールは無い。
フレーム体だけで軽さが際立つのがわかるくらいなので、800gくらいか…
それにしても軽量化は一昔前からはイメージがつかないくらい進化した。
ハンドルやピラーも地味にカーボン製であって特殊感はないこの頃だ。

アッセンブルパーツは、カンパ スーパーレコード。
初代のロゴがホワイトオンリーのもの、個人的には一番好きだ。
ホイールはLightWeight、ギアにはQRingと個性的、密かにブレーキも軽量モデルを使うあたりに遊び心が見える。
d0338933_20282047.jpg
d0338933_20281355.jpg
d0338933_20280551.jpg
肉抜きボディにチタンシャフト採用のブレーキ
d0338933_20275733.jpg
d0338933_20275129.jpg
d0338933_20274609.jpg
シンプルだが造形美があるディレーラー、リアアングルがいい
d0338933_20274250.jpg
フロントセクションのパイプは極太、チェーンステーは特徴的な造形

d0338933_20273734.jpg
カーボンボディとカーボンスポーク一体ものが今でも異彩を放つ
d0338933_20273096.jpg
軽快感があるカラーリング、光の当たり具合で微妙な変化をみせる





by cicli_pioniere | 2017-12-22 20:48 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)


<< 2018年 新たな歳を迎えるに...      1月のレッスン・イベント月間予定 >>