非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 14日

PINARELLO PRINCE SL


イタリアの大御所であるPINARELLOのハイエンドフレームPRINCEのレストア

2000年代初頭にまだカーボンフレームが主流になる前には、メインフレームは軽量アルミでフォークやシートステーに高価なカーボンを使用しコストと性能を融合した時があります。いわゆるカーボンバックと言われていました。
※カーボンバックとは、金属フレームのシートステーをカーボンにすることにより振動吸収性を高めたフレームの事

d0338933_12530851.jpeg
PINARELLO 「PRINCE SL」2003年モデル

フレーム素材はデダチャイ製の超軽量アルミ「U2」をベースにしたピナレロ オリジナルです。
なによりピナレロの代名詞となった「ONDA」フォークはこのPRINCE SLに最初に採用され後にDOGMAへも展開されていたったのです。

今ではカーボンが当たり前になり、こうした組み合わせのフレームは非常に稀な部類になったわけですが、当時アルミ全盛の頃ではアルミも多様なバリエーションがあり押せばペラペラな感触の超軽量なパイプもありました。
ハードな乗り心地をいなすためにカーボンバックという手法を初めて使ったのはPINARELLO、フレームの中にベアリングをいれてしまうインテグラルヘッドを先駆けたのも確かPINARELLOだったはずです。
こうしたエポックメイキングなものづくりが当時のPINARELLOには溢れていたように記憶しています。

完成形はいかに!?



by cicli_pioniere | 2017-11-14 12:42 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)


<< 11/19(日) 冬の吉井川エ...      『今週末のイベント・レッスン予定』 >>