非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 23日

広島サイクルフェスタ クリテリュウムレース①

d0338933_19472159.jpg

住めば都というけれど…広島いいね!


2007~2009年(正確には2010年3月)まで、広島に単身赴任で住んでいた。
この頃、サイクルプラスにお世話になり実業団レースにも参戦していた思い出深い街が広島。

あれからあっという間に時間が経ち、あれから街も変わったと今回感じたが走る選手やチームも随分と様変わりした様子。

かつての走る仲間がイベントを行うというので、
賑やかしになれば…と思ったが、岡山・ビンゴ関連で総勢10名ほどだったので力が足りなかったかな…。

広島西飛行場の滑走路に設営された、800mのクリテコース。
ここを主要レース(マスターズも)20周からエリートは50周のレース。

私はマスターズというエントリーが40歳以上に限定されるレースだ。
エントリーリストを見てもほとんど解らない、島根の国体選手を見つけマークは彼だけと感じていた。

会場に着くや、小雨がぱらつき直前まで悩んだが、結局出走することにした。
同じレースにはチームのSさんも出場した、ウエットなので無理はしないようにと伝える。
様子見で走りだすが、Uターンの箇所がどうも不安をぬぐえない、元気な方が序盤は動いているが静観。
島根の彼も静観(笑)
d0338933_19465218.jpg
1/3消化のあたりで人数が減ってきた、要領のいい動きの島根Hさんに同調し省エネでレースを進めることができた。
中盤で一人逃げ出している、結果2位になった方が微妙な距離感で逃げる。
追いが段々と機能しなくなってきた残り5周くらいで、島根Hさんが追いのアタック。待ってましたと同時に反応、後ろはいない。一気に追いつき3人で決まりと思いながら進むが、後ろからまた数名追いついてきた。
d0338933_20220538.jpg
残り3周で先頭引き、振りかえると誰もいない。なのでそのまま流し先行で進む。
残り3周を全力では持たないからだ。
残り2周で後ろに気配、「来た!」
抜いてきたのは途中逃げていた選手、ジョイントで進む。このまま2人で決めたいので同調、とはいえほぼ引いてくれる(礼)。
ラスト1周のジャンが鳴る、バックストレートで微妙に牽制でペースが緩むがホームまで粘る。
最終コーナー立ち上がって、タイミングを見測り左右の距離を開けてアタック。
無事にゴールラインを迎え、ゴールのグリコポーズはさせていただいた。
優勝者しかできない特権、これは何度してもやはり気持ちが良いものだ。
d0338933_19471512.jpg

マスターズあとに、雨は上がり路面は乾いてきた。これって、日ごろの行いなんですかね…
その後、チームメンバーのMさんとSさんのジュニアが混走のレース、レディス+スポーツ
慣れない右Uターンに苦労していたがいい経験になった様子。
d0338933_19465093.jpg
d0338933_19464673.jpg
d0338933_19464371.jpg
d0338933_19464023.jpg


午後からプロカテゴリーのヴィクトワール広島も多数参加するメインのエリート
ここにも岡山勢が数名。
期待は舞洲で優勝したTさん、この日午前の小学生レースでジュニアが見事優勝した!

レースはオープニングアタックで飛び出したジャイアント東広島の佐々木選手にブリッジした2名含む3名の逃げが決まり、最後まで逃げ切るという結末。
d0338933_19463683.jpg
d0338933_19463356.jpg
d0338933_19463068.jpg
d0338933_19462794.jpg
d0338933_19462445.jpg
d0338933_19461974.jpg

各クラスとは違うスピードに見ていた観客も見入っていた。
プチアクシデントで期待のTさんはDNFだったが、これもまたロードレースの一面だろう。

会場では懐かしい顔に沢山あえて、楽しかった1日。
もっと多くのメンバーにこうしたレース(イベント)を体験してもらいたいと願うばかりだ。

帰りに、広島ならお好み焼きだろうと、Sさん親子とお好み焼きを食べて帰路についた。

d0338933_19472051.jpg









by cicli_pioniere | 2016-09-23 20:24 | ツーリング | Comments(0)


<< 広島サイクルフェスタ クリテリ...      NAKAGAWA Promin... >>