非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 25日

2016 石見グランフォンド 200km②

d0338933_07460771.jpg
昨年もそうだったけど、スタート間も無いころはたくさんの参加者が連なって走るため注意が必要だ。
こちらはペース走をしているのだけど、無賃乗車で一杯いっぱいで走る人やペースを乱すKY走な方(笑)

トラブルに巻き込まれないように進む、200㎞がゆえ中盤ではほぼ身内だけのトレイン形成となり心地よく進行できるようになる。時折、抜き際に無賃な方が居ますがまぁ気にせずに。
d0338933_07455517.jpg
断魚渓は絶景ポイントのひとつ


石見のエイドは、充実しているほうだと思う。
30㎞おきほどにあるので充分な設定だが、この日の気温は30℃近くまで上昇しとても暑かった。
暑さゆえにしっかりしたエイドを全て食べきれないくらいだった。
d0338933_07460115.jpg
終盤までトレインで進行するにしたがい、先行している人の人数がエイド度に減ってゆく。
約160㎞地点では、先行グループは約5~6人いたろうか…8分先にスタートしていった。
この地点から200㎞コースのハイライトである三瓶山だ、昨年と違い土砂崩れの影響でルートが変更されていた。かなりの勾配の農道のようなところを登る。設定パワーで先行するが、メンバーがばらけてしまう。2人となり、クラブ強化指定選手だったのでトレーニングモードに変わり…(笑)
道中沢山牽いていたこともあり私が先行して三瓶山にある最終エイドに到着した。
d0338933_07454913.jpg

ここで休憩して後ろを待つつもりが…なんと、先行者は1人という…しかも、ついさっき出たと。
5秒悩んで、単独で追うことにした。
折角トレインで牽いてもらったので、一番でゴールできる可能性があるなら追いかけようと(^_^;)
d0338933_07454394.jpg
最終ダウンヒル区間にある三瓶ダム湖


ここからは下り基調で20㎞ほど…残念ながら追いつくことはできず、2分遅れでゴール。
インタビューを受ける1着ゴールの方が居た、2着は当然何もなし。
d0338933_07452426.jpg

ゴールでは顔みしりが140kmコースでゴールしていたり、北村さんやフリースピードチームを待ち労いあいながら…お疲れ様でした。
d0338933_07452063.jpg
d0338933_07451688.jpg
特別対応してもらってる宿にもどり風呂にはいりスッキリとして再度ゴール地点に向かう、メンバーが続々ゴールしてくる。みなそれぞれにやり切り満足感ある顔ですね、無事に終了です。
d0338933_07451276.jpg
d0338933_07450929.jpg

宿には夕食までお世話になった、特別版の海鮮丼だ!
あら汁と共に沁みわたる美味さだ、昨年は帰路で風呂と夕食を探し困ったので今回はとても楽に過ごせ帰宅も早かった。
d0338933_07450562.jpg
d0338933_07450084.jpg
d0338933_07445708.jpg
従来、イベント参加というとただただ走ることが中心になりがちだったので、折角のプチ旅行エリアの観光や食べ物にも関心をもってゆきたいと思う。











by cicli_pioniere | 2016-05-25 08:14 | ツーリング | Comments(0)


<< 【完売】キャノンデール CAAD10      5月ラスト週の集合レッスン >>