非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2017年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2017年 07月 31日

8月の月間スケジュール

5(土) 初級プラス(担当:萬谷)
6(日) 超初級①②
   中級ロード(担当:萬谷)
11(祝) 倉敷トラ対策
   中級ロード(担当:萬谷)
12(土) 香川のんびり?ぶらぶらツーリング♪  ※初級プラスロングからOK
13(日) 中級ロード
14(月) 超初級、初級プラス
15(火) 上級ロ∸ド
16(水) 倉敷トラ対策
19(土) 初級プラスロングor中級ロード(担当:クエダ)
20(日) 上級ロード
26(土) 初級プラスロングor中級ロード(担当:クエダ)

※11~15 店舗はお盆休業
※22~28 UCIグランフォンド世界大会(フランス)により臨時休業
※予定につき確定は週初めの募集案内をご覧ください。


by cicli_pioniere | 2017-07-31 20:42 | イベント予定 | Comments(0)
2017年 07月 31日

今週末のレッスン予定 8/5(土)~6(日) 


8月ですね、暑さにも慣れてきたのでしっかりやろう♪


d0338933_23281223.jpg

5(土) 初級プラス(ローテーションマスター)担当:萬谷

ロードバイクそのものに慣れてきたら、複数の方との協調ライドをできるようになりましょう。
これぞロードバイクの醍醐味といえるドラフティングをマスターしたら輝くライドライフが待っていますよ。
対象は超初級レッスン経験者、または私が推薦する方。
おそよ90分くらいのメニューです。
定員9名

集合:ザ・ビック岡山一宮店
時間:8時
参加費:3240円税込 

d0338933_22180073.jpg

6(日) 超初級レッスン① (ハンドリングマスター)

スポーツバイク乗り始めたばかりとか、独りで走っていて技術的なことを正しく知らない方向けです。
ただ我流で乗っているとしたら、望ましいライディングで走れていないと思ってもらっていいと思います。
基礎をきちんと習得したら、もっと楽ちんに走れます。
パーツのグレードアップもいいんですが、まずはより美しいライドをしてみましょう。
それから貴方に相応しいパーツを選んでも遅くはありませんよ。

基本的なライドの仕方、バランス感覚のポイントと習得を練習します。
途中休憩を挟みながら、約~90分のメニューです。
暑いので水分等、十分な準備をお願いします。

定員6名
集合:吉備津神社
時間:6時30分
参加費:3240円税込

超初級ロードレッスン②  (ドラフティングマスター)

バランス練習で習熟OKな方、ドラフティングを中心としたメニューです。
不特定多数なライダーとの縦に並んで走る練習です。ロードバイクの場合、空気抵抗が大きな要素であるので
いかにドラフティングで空気抵抗を低減するかは重要なポイントになります。ボイスサインを実施しながら
お互いに安全にドラフティングができるようになりましょう。

途中休憩を挟みながら、約~90分のメニューです。
暑いので水分等、十分な準備をお願いします。
定員6名
集合:吉備津神社
時間:8時
参加費:3240円税込 ※①との連続受講は1620円税込

d0338933_17443593.jpg
中級ロードレッスン 担当:萬谷

初級プラスロング経験者向けのクラスです。いよいよ初級プラスからもう一段上のステージを目指します。
よりスムーズなローテーションやイレギュラー対応を練習しましょう。※初級プラスでローテーションをマスターしている方が対象です。
~100㎞ほど、約3~4時間の走行時間になります、頻繁に休憩はできないのでドリンクや補給食等の用意は予めお願いします。またスタート前にトイレ等は済ませておいてください。
定員10名

集合:龍ノ口グリーンシャワーの森
時間:7時
参加費:2700円税込


申し込みは、タイトル(超初級参加希望…等)に、名前・住所・電話・バイク歴を記入してメール下さい。
info@pioniere.link
※定員を設けておりますので、お早めにエントリー下さいね。


by cicli_pioniere | 2017-07-31 20:19 | イベント予定 | Comments(0)
2017年 07月 30日

ミッドナイト エンデューロ 8時間チーム ①

d0338933_23132694.jpg
夏のお祭りのような大会ですね♪

もちろん、出るからには優勝が目標で無事に達成しました!


個人的には夜のリスクから参加は見合わせてきた大会ですが、今回はレッスンのコーチを担当してくれてたり、日頃からレースに勤しむコアメンバーからの参加要請から優勝目指してエントリーした。
メンバーの一人であるO君は、昨年の同大会で10時間ソロで優勝、一昨年も4時間チームで優勝と相性の良い大会だ。
私的には春のエンデューロで2016、2017と優勝を逃しており久々に勝ちたいところだ。エンデューロの面白さは個々の得意分野を活かしながら勝負の流れや展開に合わせて臨機応変に対応すること、個人ロードレースよりもその変化が緩やかでかつチーム戦ということからレース入門に丁度良いと思っている。
なので、前量販店時代からもレースに慣れることを目的としてエンデューロを選んできた、また勝つことへのプロセスや体験を得やすくその経験が後に個人への転用できるのも利点だ。

もちろん、単純なイベント、お遊びとして参加している方が殆どなのだけれど、何事もどういうスタンスで取り組むのかが重要だと考えていて、Pioniereとしてはレースも遊びも(仕事も)100%本気を推奨している。

今回の必勝作戦は、4時間のほうへ参加している日頃の仲間と強調しスタート直後のファーストアタックを決めるということだった。

夕方、仕事を早じまいしサーキットへ向う、事前情報ではなにやら土砂降りで波乱が起こりそうな予感が…現地につくと、小雨で暑さが和らいでいていたのが予想外だった。会場はすでにさながら花見会場のようにあちこちでバーベキューが行われている。これは春の大会とは全く様相が違うかな(笑)
この雰囲気だけで、お遊び99%的なムードが印象的だ。

事前の作戦と展開をメンバーとサポートとのミーティングを終え、リラックスして過ごす。夜9時スタートで明朝5時ゴールだ。日頃の朝型な生活から果たして5時まで持つのか?と不安があったのは事実だ。
知り合いのピットを巡ったりしながら楽しいひと時を過ごす、いよいよスタートが近づいてきたら、雨がぱらつき出す。スタートは8時間、4時間、そして小径車やリカンベント、ママチャリまで混走ゆえナーバスな状況だ。無事にスタートを祈りながら…そして、スタート。
予定通り、スタートからアタックがかかった。1周目4分台で戻ってくる!速い!!
ざっくり20名くらいが早くも抜け出てる模様、ウチのメンバーはちゃんと入ってるとの速報。ほっとしていたら…なんと誤報で、正式にはスタート直後にチェーン落ちからアタックに乗り損ねるといういきなり想定外な展開となる。

1周、2周様子を見る、前は順調にペースを刻み当初のもくろみどおりな流れで進む。後ろはちゃんとした集団で無く、ほぼ独走に近い追走になっている。
これはまずい、チームメンバーの独走タイムとしては遅くない(Av40くらい)が、いかんせん逃げは集団で進行しどんどん差が開く状況だ。
当初、ファーストライダーは1時間ほどの走行予定だったが、急遽変更を余儀なくされ下した判断は、全力走で前へ追いつくリレーをするということ。
急遽ピットインの伝達が上手くいかない、夜で視認性が悪くライダーの識別が上手くいかないので声かけが後手になったり、ライダーからはサインボードの視認性が悪く読み取りできないという状況だった。

ピットインまでに数周のロスがあり、セカンドライダーへ交替したタイミングでの逃げ集団との差は2分。大きなビハインドのスタートとなる。一番やってはいけないパターンで、忌まわしい春の大会を思い起こさせた…汗
ここから、兎に角出来うる限りのリレーで前を追うしかない。なぜなら目標は優勝であって、前を追わずして優勝を放棄するわけにはいかないからだ。


つづく






by cicli_pioniere | 2017-07-30 23:58 | レース | Comments(0)
2017年 07月 24日

Pioniere touring series『BBQライド』

d0338933_21420418.jpg
みなさんこんにちは、サポートスタッフ萬谷です。
夏真っ盛りですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

昨日7月23日、ピオニエーレでは恒例のサイクリングイベントを開催しました。
これまで安曇野ツーリングや、島ツアーシリーズなど様々なイベントを開催してきましたが、僕(萬谷)の「走り慣れた岡山でも非日常的サイクリングをすることができるのではないか」という想いから今回は遠出せず岡山での開催となりました。
タイトルにある通りBBQも同時開催して夏を満喫しようというコンセプト。
もっぱらBBQ目的に参加していただいても良いのですが、普段走り慣れている岡山をより楽しめるようなサイクリングイベントを用意してみました。

内容は3人一組のチームでいくつかのチェックポイントを回ってもらうという、シンプルなイベント。シンプルですがルール内でいかに早くゴールできるかはチームの戦略次第です。
トップタイムでゴールしたチームにはβチタニウムのブレーキボルトやTeam Dreamボトルなどの景品をご用意しました。

参加チームはこちらの4チーム。
d0338933_23501537.jpg


一応の推奨ルートはご案内しましたが、チームでチェックポイントを回りさえできればどこを走っても自由。チームメンバーの力を合わせて好タイムでのゴールを目指します。
各チーム、チェックポイントが書かれた地図とルールブックをSTOKEDのサコッシュに入れて、いざ出発。

d0338933_00142135.jpg

d0338933_16192672.jpg

多くのチームが第一チェックポイントの笠井山を目指すものかと思っていましたが、4チーム中2チームが第三チェックポイントのまつだ牧場を目指してのスタート。これが吉と出るか凶と出るか(笑)
d0338933_16424591.jpg
出発前にもっとも地図を読み込んでいた真田さんが率いるチーム。バイクレッスン常連メンバーが多く期待できるか!?

その先には時間差で先にスタートしたアカギサンチームの姿が。
d0338933_17043857.jpg
d0338933_17055118.jpg
みなみさん、Giroのシューズ「Republic」とサコッシュがマッチしていて素敵ですね。

第二チェックポイントのレスパール藤ケ鳴まで先回りして行ってみるとすでに近藤さん率いるチームオフロード(勝手に命名)が到着していました。早い。マウンテンバイクで道なき道を圧倒的ショートカットしたのかという早さ。
d0338933_16521627.jpg

まもなく登って来たのはくえださんチーム。順当に笠井山から回ってレスパールを目指します。このチームも早い!優勝争いはこの2チームに絞られたか?
d0338933_17201533.jpg
d0338933_17443593.jpg

ゴールはスタートと同じく龍ノ口グリーンシャワー公園。
待っているとチェックポイントを全て回り終えたチームが順にゴールして来ます。
d0338933_17495217.jpg
全チームが揃ったところで結果発表。
トップタイムはくえださん・丹山さん・中村さんのチームでした!
d0338933_18304695.jpg
岡山の道に詳しいくえださんの活躍が大きかったようです。おめでとうございます102.png

超初級クラスのメンバーにとってはちょっときつめのルートでしたが、身近にこんな道があるのかという発見ができたのではないでしょうか。また、グループライドをする楽しさも少しは感じてもらえたのではないかと思います。今後もレッスンにて、安全にグループライドを楽しむための走り方を身につけましょう。お待ちしています109.png
中上級メンバーは特にまつだ牧場までの登りが気に入ってもらえたようで企画者冥利に尽きます。また、いつも走っている道でもチームで協力しながらゴールを目指すことで初心に帰って楽しむことができたのではないでしょうか。

ホッと一息ついたところで旭川沿いまで移動して、いよいよメインイベントのBBQです。
d0338933_18193165.jpg
d0338933_18231239.jpg
d0338933_18491324.jpg
d0338933_18335698.jpg
旭川を目前に皆で楽しいひと時を過ごす。
遠出して走ったことのないルートを走るツーリングもまた良しですが、今回はいつもの岡山で、普段とはちょっと違った楽しみを感じていただけたのではないでしょうか。
ロードサイクリングのいいところの一つは老若男女、いろんなバックグランドを持つ人が一緒に走って非日常の経験を共有できるところ。これからも、そんなサイクリングの楽しさを感じられるイベントを企画してみたいと思います。

最後になりましたが、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました104.png
次回のツーリングイベントは香川だそうです。皆様のご参加お待ちしています!
d0338933_18552521.jpg
おしまい

サポートスタッフ 萬谷





by cicli_pioniere | 2017-07-24 19:02 | ツーリング | Comments(0)
2017年 07月 24日

今週末のレッスン予定 7/29(土) ※①キャンセル待ち

d0338933_18270872.jpg
要望多い超初級を分割して、ダブルヘッダーします!


超初級ロードレッスン① (ハンドリングマスター) ※キャンセル待ち

スポーツバイク乗り始めたばかりとか、独りで走っていて技術的なことを正しく知らない方向けです。
ただ我流で乗っているとしたら、望ましいライディングで走れていないと思ってもらっていいと思います。
基礎をきちんと習得したら、もっと楽ちんに走れます。
パーツのグレードアップもいいんですが、まずはより美しいライドをしてみましょう。
それから貴方に相応しいパーツを選んでも遅くはありませんよ。

基本的なライドの仕方、バランス感覚のポイントと習得を練習します。
途中休憩を挟みながら、約~90分のメニューです。
暑いので水分等、十分な準備をお願いします。

定員6名
集合:吉備津神社
時間:6時30分
参加費:3240円税込
 

d0338933_09032643.jpg
超初級ロードレッスン②  (ドラフティングマスター)

バランス練習で習熟OKな方、ドラフティングを中心としたメニューです。
不特定多数なライダーとの縦に並んで走る練習です。ロードバイクの場合、空気抵抗が大きな要素であるので
いかにドラフティングで空気抵抗を低減するかは重要なポイントになります。ボイスサインを実施しながら
お互いに安全にドラフティングができるようになりましょう。

途中休憩を挟みながら、約~90分のメニューです。
暑いので水分等、十分な準備をお願いします。
定員6名
集合:吉備津神社
時間:8時
参加費:3240円税込 ※①との連続受講は1620円税込


申し込みは、タイトル(超初級①参加希望など)で、名前・住所・電話・バイク歴を記入してメールください。
info@pioniere.link
※定員を設けておりますので、お早めにエントリー下さいね。


by cicli_pioniere | 2017-07-24 14:25 | イベント予定 | Comments(0)
2017年 07月 18日

7月17日 中級クラス

d0338933_22124262.jpg
皆さんコンバンワ、ピオニエーレサポートスタッフの萬谷です。
夏らしい天気が続きますね。
そんな中、昨日の7月18日は中級レッスンが開催されました。

暑さなんてお構いなしに参加していただいたのはこちらの皆さま。
d0338933_22180073.jpg
前回中級練に出ていただいたみなみさん・アカギさん・片山さんに加えて、上級練にも参加していただいている奥冨さん・加藤さん・山部さん、そして初参加の名木田さん・マミーさんの8名とスタッフ:藤原・萬谷の計10名で吉備高原を駆け抜けました。
10名いると賑やかでいいですね102.png

今回も前回と同じく、上級へのステップアップを目指したちょっと厳しめの(?)メニューです。
参加いただいている皆さんは初級クラスでバイクコントロールやドラフティングなどの練習を重ね、技術面でかなり余裕が出てきたメンバーばかり。
農道でローテーションをしても快適に走ることができましたね。

上達のために、今回のような練習で意識してほしいことはこれ。
『アベレージを最大限に高めるような走りをすること』
初級クラスが余裕になってきた方がステップアップに必要なのは巡航速度を上げること。そのためにはロングライドでなるべく高いアベレージで走れるようになることが必要です109.png
そしてこれは当たり前のように思えて、実は多くのサイクリストが(レーサーですら)意識できていないことです。

アベレージを上げるには出力を一定に保つのがコツ。
登りでは自分が思っている以上に出力が高まっているので、このように登りで頑張ってしまうと下り・平坦でインターバルがかかって休みがちになってしまいます。
d0338933_23072283.jpg
そのような走り方ではライド全体のアベレージは落ちてしまいます。登りだけ頑張るインターバル練ばかりでは巡航速度はなかなか上がりません。
なので、以下のように少しパワーセーブする意識で登って、下りで出力が落ちないようにしっかりペダリングすることを心がけましょう。(ブラインドコーナーや、斜度のキツイ下りは無理に飛ばす必要はありません。安全第一。)
d0338933_23195310.jpg
ツールドフランス真っ盛りですが、ロードレースの逃げ集団もこんな力の使い方で走っています。
皆さんもツールの逃げ集団になった気分で吉備高原〜円城へ。
半年前と比べても見違えるように綺麗に走れるようになっていると思います。
d0338933_22275349.jpg
奥冨さん曰く、余裕すぎて笑っちまう。とのこと。
みなみさんも余裕の笑顔が溢れていますね106.png


....そんなこんなで無事岡山まで帰って来ました。
今後も継続して中級練にきてください!
力の使い方を身につけて楽に速く走れるようになりましょう。
d0338933_23281223.jpg
ソロで走ってるサイクリストの皆さん!
ソロも楽しいですが、グループライドは自転車の楽しさの幅がぐっと広がります!
ぜひ一度ピオニエーレの練習に参加して、ロードバイクの新しい楽しさを発見してみてください!

クラブ員の皆様、来週日曜はBBQライドです。みんなで夏を満喫しましょう。stay tuned..


サポートスタッフ 萬谷



by cicli_pioniere | 2017-07-18 23:43 | スクール | Comments(0)
2017年 07月 18日

今週末のイベント・レッスン予定 7/22(土)~23(日) ※初級キャンセル待ち

d0338933_09090896.jpg
夏本番、暑いときはBBQでしょ!※クラブメンバー向けイベント




22(土) 初級プラス(ローテーションマスター)
ライド前の基本的なスキルであるバランス練を行いながら、複数のライダーと並んで走る技術であるドラフティング、風圧を交替しながら担当するローテーションがロードバイク必須のスキル、これらをちゃんとマスターしてゆく練習になります。
※ざっくり90分くらいのメニューです。

定員10名 ※超初級参加経験者

集合:ロクバン水の公園(岡山市東区升田614-64)
時間:8時
参加費:3240円税込

申し込みは、タイトル(初級プラス参加希望…等)に、名前・住所・電話・バイク歴を記入してメール下さい。
info@pioniere.link
※定員を設けておりますので、お早めにエントリー下さいね。


23(日) オリエンテーションBBQライド
詳細はFBのクラブページにございます、まだまだ募集中ですので是非ご参加ください。





by cicli_pioniere | 2017-07-18 09:22 | イベント予定 | Comments(0)
2017年 07月 13日

ニセコクラシック2017 (UCIグランフォンドワールドシリーズ)②

d0338933_21341721.jpg
d0338933_09181549.jpg

雄大な自然の中を駆け巡る

70kmのコースは(ルートラボ添付)前半が平坦基調で後半がアップダウンを繰り返してニセコアンヌプリへゴールする。
昨年はこの平坦基調の前半を外人や元気な若者を中心にかなりのペースで進行したという…
後半の上りは曲者で、激坂になるような勾配はなく見通しも良いため緩く見える、前半に脚を使いすぎると思わぬ燃料切れを
起こす可能性があり自分のパフォーマンスと燃料(体力)を把握しながら走れることが必須だ。

ローリングスタートから、先に並んでいた女子をほぼ抜きさる形で前から10番手以内を走行しながら初めの登りに差し掛かる。
それなりのペース(体重5倍近い)で登っていく集団、ここは2㎞ほどなのでほどほどにやり過ごしてと…
集団左脇からするすると前へあがる選手が…西谷さんだ。
どうするのかと思ったら、先頭へ出るやいなやいつもの重めのギアでさらにダンシングして加速してゆく…たぶん体重6倍くらいのパワーで…
それなりのペースからあっさり抜け出てゆく西谷さん、50m・100m・150m…誰も反応しない
この時点で大きな判断を迫られた、抜け出して西谷さんと共に遥かなる70㎞の旅に出るのか、後に吸収するまで静観するのか。
下した判断は後者、しかしそれは結果的に残念な判断だった。昨年の展開を聞いていたイメージが頭の中に残っていた…

西谷さんを見送った集団は、下りからそして平坦基調に入っても組織的に追う動きをつくることはなかった。自分もまた当然大きなきっかけを作ることはできずペースが上がりかけたら落とさぬようローテに混ざるくらいの…。20㎞も行かない段階であっという間に1分30秒ほどの開き、そして2分から3分と簡単に開いてしまった。追う意思のない集団は完全に覇気を失っている…また西谷さんの逃げを知らないものも多く存在していたとも思える流れだ、誰もが中盤からのメインになる登りに遅れない様に脚を使わないことを考えているからだ。
ゆるやかなペースに女子の先頭を争う数名の選手もまた同じ集団にいたほどで…
d0338933_19142613.jpg
基本的に20番以降に下がらない様に注意しながら進むが、登りの手前になるとペースの遅さも相まってどんどん外から被さってくる。
ペースが落ちないレベルならこういうことはないが、明らかに登りに備えていてペースが遅すぎるから。
片側規制なのに右側にあふれてバイクの注意喚起のホイッスルが鳴り続く…(苦笑)

そして登りに突入、堰を切ったようにダンシングで駆け上がる若者?もいて塊だった集団は棒状に伸びる、先頭付近で状況をみながら走る。
メーターチラ見するが4.5倍くらいか、独り100mほど先行するが放置してペースで進む、上りだして2㎞を過ぎKOMの案内看板あたりで振り返ると既に10名強のメンバーしか残っていなかった。そこに同一カテゴリー(50~54)は私含めて3名、全て知り合いだ。
ペースが緩みかけたのでKOMの先にある分岐の右折箇所を過ぎて次の登りまで牽き続ける、先行していた若者はどうやらKOMを取りたかったようだが西谷さんが逃げているのを知らなかったようで、まさに無駄脚を使った。
残る集団には昨年の総合優勝した高校生もいた、MUURはKING三浦さんのチームだけにどんな走りをするのか注目していたが。
緩くなってペースが落ち着き、気が付けば後ろから追いついてきたものが10~15名近くいたようで、その中に女子で優勝した選手も含まれていた。足取り軽く、全然大丈夫そうでビックリだ。どうもスケート?のソチオリンピック代表とか…
d0338933_19130265.jpg
↑女子チャンプ


この辺りでの先頭西谷さんとのギャップはかわらず3分超えている、逃げ続けて登りもこちらと変わらないペースで登ってるということ。
完全に総合もクラスも2位争いに絞られた。一つ目の大きな登りを終え、長いダウンヒルを下る。下り切って登りが始まる前で独り50mほど抜けていた、そこへ一気にジョイントして声をかける『2人でいくよ』と、前を引いて登りを走るが残念ながら後ろから追いつかれる。
この頃、集団で目立っていたのは同一クラス(50~54)の外人だ。身体がデカいが割と登りも苦にせず走る、気づけば同郷の選手は切れていてこの外人とディフェンディングチャンプの苗村さんと3人での表彰台争いになってきた。総合2位を狙うその他のものに元気なものは少なかった。50~54クラス3名を中心とした展開が続く、外人を振り切ろうと細かなジャブを出すが簡単に切れてはくれない。
d0338933_19124774.jpg
こんな綺麗なじゃがいも畑の中を…視界に全く残っていない(笑)
d0338933_09182733.jpg
北海道新聞の朝刊ではこの写真が…先頭(私)、中央左(苗村)、左(同クラスの外人)


残り10㎞を切り、アンヌプリへ向けたいやらしい登りだ。若者が仕掛けたのに同調しペースを上げ下げしてリズムを変えながら走る。
いよいよ5㎞を切り、見通しのいい直線路で先頭の若者が一気にペースを上げて牽き続ける、続くは苗村さん、そして私…後ろの気配はあまりない…3人で飛び出したい。残り3㎞を切りもう不用意に前へ出れない流れ、パックは5~6名か後ろの気配から察する。
残り1㎞、牽き続けた若者にかわり先頭は同クラスの外人だ。続くは苗村さん、私。そして勝負のスキー場へ向かう脇道へ。
メイン道路から左折、左折、右折してゴールするコースだが、曲がるたびに勾配がきつくなり最後は10%を超える超いやらしいレイアウト。最初の左折で外人がタレて苗村さんが先頭に…まだ700mあるので全力ではない、左折するあたりでどうもキツそうにみえる、変わって先頭になる…残り400m、流し先行で…後ろの気配はあまりない、そして300m、200mこの先右折してゴールだ、ペースを上げようとした矢先に後ろから一人かわしてきた…六本木のジャージ、合わせてゴール勝負にしたかったが、つききれず悶絶のダンシング、残り100mが長い…後ろは離れていた、スローモーションのようなゴール。集団頭は取れなかったが、総合3位クラス2位…を取ったとこの時は思っていた。
※後ろからスタートしたUCI外クラスは1分差のネットタイムにより着は3位だが、総合9位(ちゃんとした広報なかったような…(笑))
d0338933_21331138.jpg
d0338933_09180901.jpg
昨年から目標(優勝)としてきた大会だったが、目標には届かなかった。
順調に準備ができていたかというと実はそうではない、自分の思うようなトレーニングは年々できなくなってきている。質も量も思うようにできないということは、結局はそんなものだということを若き選手時代に学んでいる。それでも諦めることなくささやかな夢を追いつつ走り続けること、そして結果を出すことが自分の仕事だと思っている。
d0338933_21422798.jpg
d0338933_21341198.jpg
思いのほか自分のパフォーマンスを事前に上げることができなかったが、結果的にレースに合わせたピーキングのみはドンピシャにできた。生身の人間なので完璧にはできないがこうしたノウハウもまたスクールを通じて伝えたいと常に考えている。
レースを走りならが感じたこと、真っすぐ走れない、ちょっとしたことでふらついたり…道具は明らかに良くなったのにライダーがついていって無いと思われることが散見された。情報過多となり一見なんでも手に入るが、自分自身を正しく判断したり評価してくれる人がいないことが現状の課題ではないだろうか。
d0338933_21324151.jpg
↑右が市川氏

今回、偉大な先輩である日本初のプロロード選手である市川雅敏氏に再会した、30年ぶりにだ。30年前、日本人がヨーロッパでプロになることなど絶対に無理といわれていた時代に、単身でヨーロッパにわたり自らの力で道を切り開いた人だ。そんな人がいたからこそ今は普通にヨーロッパへ出かけて行ける時代になった。そんな先輩を多感な世代に間近でみることができたことは何かの理由がある、こうして後輩を育成する立場となった今、先輩から伝えてもらったDNAを何かの形で伝える義務があると信じてやまない。



ロードレースは非情なスポーツ、勝者は独りそれ以外は敗者だからだ。本来のロードレースならある程度のタイム差がつけばレースを下ろされる、なぜならチャンピオンを決めるためのレースであって完走に大きな評価がないから…
グランフォンドはそこは違っていて、今回も140㎞クラスなら全日本選手権で完走できるレベルの選手がおり、一方で趣味で走っているローディーも同じレースを走っている。足切りのタイムはかなり緩く、完走を目的としても充分楽しめる要素を持っている。一般的なグランフォンドやメディオフォンドにない規模感と質感を感じさせる大会だったUCIシリーズ、ローディーなら多くが集える可能性があるだろう。

若き頃にかなえることのできなかった世界への道、こうして疑似体験ができる時代が来るとは…すばらしい時代になったものだと思う。
来年もまたニセコを目標にするのだろうな~噂では、同じ北海道で日本スポーツマスターズのロードレースもあるらしいから、来年は北海道へ2度?になるのかな(笑)

来年は涼しい北海道を味わいたいな、みなさんも一緒に北海道へいきましょう♪





by cicli_pioniere | 2017-07-13 09:18 | レース | Comments(0)
2017年 07月 12日

ニセコクラシック2017 (UCIグランフォンドワールドシリーズ)①

猛暑のニセコ、熱い暑いオトコ達の闘い
d0338933_21422067.jpg
もう速報で結果は出てるので


2016年からUCIのワールドシリーズとなった大会で、今年の最大目標としていた大会。
昨年の望年会で『目標はクラス優勝、そしてフランス大会へ行く!』と公言していた。

大会はUCIルールで世界大会出場資格を得るためには、50歳以上は70kmのクラスとなる。49歳までは140kmだ。
エントリーリストを見るに140kmほう、かなりの高レベルでツール・ド・おきなわ210kmクラスに匹敵するくらい。
参加数もオールで昨年50%増しの約900名と注目度の高さが伺えた。※うち外国人は10%くらいいたそう
一方70kmの私の対象となる50~54歳クラスは、昨年140kmの45~49歳クラスで優勝しているサイスポ店長選手権でも有名な西谷さんが50歳になりこちらへエントリー、70km50~54歳でクラス優勝のディフェンディングチャンピオンの苗村さんが連覇を目指してエントリー、他はあまり名前が解らない。
UCIクラスとしては、5歳刻みでクラス分けされているが全て混走でのレースになる。さらに女子とUCI非クラスの19~49歳のカテゴリーに約300名ほどとまさに玉石金剛のレースといえる。
スタートはローリングスタートだが、参加数はオールで400名ほどなのでかなりナーバスらしい、落車に注意しながら序盤を走る必要があった。


目標は優勝なので、コースを知らないまま走ることはできない。なので金曜に北海道へ入り、まずはクルマでコースの視察することとした。7月初旬に予想外の猛暑が北海道を襲っていた、千歳に降りた途端にあまりの暑さに驚く!雨の岡山から来たものだから、まさか北海道のほうが気温が高いなど想像もしていなかったからだ…なんと岡山より高い33℃辺りだったよう。
ニセコまでの約2時間、コースをじっくり考察して2時間強、計5時間近くうろうろしていたら頭痛がするではないですか…
早々ペンションにチェックインするやいなや、バァファリン飲んで寝るという事態になる(汗)
この日は宿の食事はないので外食を…おススメ頂いていた折角の居酒屋でもあまり食べることができないまま、明日に備えて早めに休んだ。
d0338933_21431411.jpg
勝負どころは自分の脚でどうしても確認しておく必要があったので、後半の約40㎞を土曜日早朝に走るつもりでいた。
朝練の習慣から目覚ましなしでちゃんと目が覚める、心配していた頭痛は治まり気温も16℃と大変気持ち良い朝を迎えた。
この週、岡山は梅雨の影響から雨が多く走れてなかったこともあり、脚の疲労は抜けきっていて久しぶりに脚の軽さを実感するくらいの感覚を味わえた。調子にのって筋疲労しないようゆっくり走り、ポイントの勾配と距離感を確かめる。いくつかのシナリオを考えながら…
d0338933_21423854.jpg
d0338933_21424243.jpg
d0338933_21430108.jpg
顔なじみの ラヴニールあづみの大石さん達も



宿にもどりゆっくりと朝食を取りながら、9時からの受付の為に会場へ向う。気温はぐんぐん上昇しこの日も30℃オーバーなのだが、またしても頭痛がしてきた。そうそうにペンションへ戻り近くの蕎麦屋で昼を済ませて、またしても薬を呑んで寝るという事態となる、本来ならニセコ周辺を観光するつもりだったのに~(涙)しかし目的はレース、ぐっと我慢して回復に努める。夕方のライダーズミーティングには出向き顔みしりと楽しいひと時を過ごした。
夕食はペンションでのフレンチフルコース、食欲は改善していてしっかり食べて21時には床についた。
d0338933_21424890.jpg
d0338933_21425217.jpg
d0338933_21425710.jpg
いよいよレース当日、早朝は曇天。頭痛もとれなんとか無事に走れそうだ、このまま曇天だと日差しが弱く好都合。
ペンションへクルマを置きママにさせてもらい、スタートの蘭越町へ自走で向う。約15㎞しっかり脚をまわしアップをしながら、脚は軽そうだ。サインシートを済ませ、同じ岡山から参加の元チームメンバーの2名とスタート前に談笑。2人とも経験豊富となり緊張もなくリラックスしている様子だった。スタートは8時20分、やはりかなり気温はあがってきている。
蘭越町長の挨拶もそこそこでいよいよローリングスタートへ、まずは女子、そして50~54、55~59…最後に19~49と続き約3kmほど先でリアルスタートとなる。交通規制はあるが基本対向車線はフリーで対向車が来るというスタイル。
しかし400名近い選手がそこに収まる訳はなく、ナーバスな状態まま進んでゆく。

そしていよいよリアルスタートが切られた!




つづく












by cicli_pioniere | 2017-07-12 21:47 | レース | Comments(0)
2017年 07月 12日

今週末のレッスン予定 7/15(土)~17(祝) ※キャンセル待ち

暑さにマケズ走りましょう♪
※暑いので開始時間早めています。
d0338933_09032643.jpg

15(土) 超初級ロードレッスン(ハンドリング・ドラフティング)※キャンセル待ち

スポーツバイク乗り始めたばかりとか、独りで走っていて技術的なことを正しく知らない。
ただ我流で乗っているとしたら、望ましいライディングで走れていないと思ってもらっていいと思います。
基礎をきちんと習得したら、もっと楽ちんに走れます。
パーツのグレードアップもいいんですが、まずはより美しいライドをしてみましょう。
それから貴方に相応しいパーツを選んでも遅くはありませんよ。

基本的なライドの仕方から、操作や慣れたら他の方と並んで走る練習も行います。(ドラフティング)
約90分のメニューです。
定員6名
集合:吉備津神社
時間:7時
参加費:3240円税込


        初級プラスロードレッスン(ローテーション)※キャンセル待ち

超初級で身につけるバランス感覚と共にロードバイクで必要なスキルはドラフティング。
このドラフティングと走りながら先頭を変わっていくローテーションがロードバイクの乗りこなしに大変重要です。それとなく出来てる風の方は多いのですが、キチンと身に付けより楽しいバイクライフを楽しみましょう。
約1時間30分、専用ルートで繰り返し練習します。※参加資格は超初級経験者、もしくは私が推奨する方
定員10名

集合:吉備津神社
時間:8時30分
参加費:3240円税込 ※超初級から連続参加の場合は1620円税込


d0338933_20360298.jpg

16(土)  初級プラスロングレッスン ※残席わずか

ローテーションのスキルを汎用的に活かせるよう、一般道でケーススタディ的に学んでゆきます。
ざっくり3時間くらいのメニューですので水分等準備をお忘れなく。
定員10名、参加資格は初級プラス経験とします。

集合:ザ・ビック岡山一宮店
時間:8時
参加費:3240円税込

d0338933_21095372.jpg

17(祝)  中級ロードレッスン+ランチミーティング ※キャンセル待ち

初級プラスから走行スピードを僅かにプラスしてスキルとフィジカル両面を上乗せしてゆくメニューです。
4時間ほどの走行です、水分と補給食をお忘れなくお願いします。
ランチは強制ではありませんので可能な方は是非どうぞ。
定員8名、参加資格は初級プラスロング経験者

集合:吉備津神社
時間:7時
参加費:3240円税込


申し込みは、タイトル(超初級参加希望…等)に、名前・住所・電話・バイク歴を記入してメール下さい。
info@pioniere.link
※定員を設けておりますので、お早めにエントリー下さいね。




by cicli_pioniere | 2017-07-12 08:14 | イベント予定 | Comments(0)