非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:チューニング・メンテナンス( 69 )


2017年 11月 14日

PINARELLO PRINCE SL


イタリアの大御所であるPINARELLOのハイエンドフレームPRINCEのレストア

2000年代初頭にまだカーボンフレームが主流になる前には、メインフレームは軽量アルミでフォークやシートステーに高価なカーボンを使用しコストと性能を融合した時があります。いわゆるカーボンバックと言われていました。
※カーボンバックとは、金属フレームのシートステーをカーボンにすることにより振動吸収性を高めたフレームの事

d0338933_12530851.jpeg
PINARELLO 「PRINCE SL」2003年モデル

フレーム素材はデダチャイ製の超軽量アルミ「U2」をベースにしたピナレロ オリジナルです。
なによりピナレロの代名詞となった「ONDA」フォークはこのPRINCE SLに最初に採用され後にDOGMAへも展開されていたったのです。

今ではカーボンが当たり前になり、こうした組み合わせのフレームは非常に稀な部類になったわけですが、当時アルミ全盛の頃ではアルミも多様なバリエーションがあり押せばペラペラな感触の超軽量なパイプもありました。
ハードな乗り心地をいなすためにカーボンバックという手法を初めて使ったのはPINARELLO、フレームの中にベアリングをいれてしまうインテグラルヘッドを先駆けたのも確かPINARELLOだったはずです。
こうしたエポックメイキングなものづくりが当時のPINARELLOには溢れていたように記憶しています。

完成形はいかに!?



by cicli_pioniere | 2017-11-14 12:42 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 11月 07日

お手入れが快適と安全への近道です。


分解メンテナンスやパーツ交換などのご依頼が増えてきました。
大会もひと段落したりするこの季節になると、バイクを労わることを思い出してください。

故障したり、あきらかに不具合が発生したからメンテをするのではなく、ある程度定期的に
状態を確認し必要な消耗品を交換することでより長く快適に使用が可能になるものです。

またトラブルを未然に防ぐことも可能になるので、是非ご相談からお気軽にどうぞ。
この秋、お得なメンテナンスメンバーも出来ましたから併せてご覧下さい。

先日のメンテを実施したバイクの例…
d0338933_08533542.jpg
コレ、間違い探しです。わかりますか?

d0338933_08535763.jpg
d0338933_08535232.jpg
なかなかの汚れ具合です、可動部分は動きが渋くなっていました。
d0338933_08525354.jpg
ホイール部分もトラブルが発生していました。

d0338933_08534166.jpg
1枚目の答え
本来チェーンが通らない部分に間違えて?通しており大きな抵抗を受けながら乗っていたようです。
削れたところが残っていました。

短いスパンで点検をすれば、こうしたことも早期に発見できますのでバイクへの見方を変えてゆきましょう。



当店で購入していなくとも、お気軽にご相談ください。
多くのサイクリストが相談できる店というのがコンセプトです。よろしくお願い致します。


by cicli_pioniere | 2017-11-07 09:37 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 28日

バイクも疲れが溜まると…??

d0338933_08523273.jpg
脚元のトラブルは危険と隣り合わせになります。
d0338933_08525354.jpg
最近の修理事例を
①フルクラムのベアリング損傷
フロントハブのリテーナーベアリングが変形損傷して、ベアリング受けから脱落してしまい
支えを無くしてしまっていたということがありました。
なぜこうなったのか…極めて稀な事で分解して目を疑いました、カンパニョーロジャパンでも聞いたことない事例ということでしたが。
シャフトはあるが支えがない状態ですので、体重がかかると振れまくりブレーキシューに断続的に触れることになりますね。単にカラ回しするとガタが少しある程度のことですので、気づきにくかったんですね。

②MAVICフリーハブ内の爪損傷
走行中突然にフリーが固着し固定ギア状態になったらしい。分解したところ、フリー内部にある空転させると内側に収納され、駆動の時にはトルクがかかる小さなツメが二つあり、そのツメの端の部分が欠けてしまい内部で噛みこんで空転できなくなったようでした。
噛みこみによりハブ本体が損傷しておりましたが、切削と補修で使用は可能でした。
運悪く…的な事例ですが、固定ギアで走行するのは一般道では危ないことですし大事に至らずよかったです。
d0338933_08521876.jpg
d0338933_08521198.jpg

フルクラムはかなりハードに乗られる方ですが、MAVICはファンライドを楽しむ方です、少しでも安全に走るために定期的にメンテナンスをご依頼ください。

d0338933_20402806.jpg



by cicli_pioniere | 2017-10-28 09:12 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 14日

メンテナンスのあれこれ④

d0338933_18234560.jpg
回転系のお話

■BBのシブい動きが気になるという事例
まずはクランクに勘合されるベアリングの状況確認、問題ナシ
BBワンの組み付け確認、問題ナシ
フレーム精度の確認でBBタップとフェイスカット作業→組付け動作確認

これにより動きが幾分確認されたが完全ではない

触診で問題無いように思われたBBベアリングを交換
状況改善!

結果的にBBベアリングのみで大方の問題は解決できたと思われるが、昨今フレーム本体の精度が
一定水準ということを前提にBBのフェイスカットなどはあまり実施することは少ないですが…
今回の作業にて…それでも問題が幾分改善したということは、やらないよりやったほうがいいのかもしれないですね。

d0338933_18235517.jpg
工具はカンパニョーロのコンプリートです。
精度の高い工具が必須ですが、使う頻度は少ない。
是非、そんな仕事のご発注お待ちしております!
d0338933_18235132.jpg

これも回転系、ハブ内部のシールドベアリングです。
通販で国内未流通のホイールのようですが、リアがガタガタで分解していみると…
完全にベアリングが損傷していました、シールが剥がれ落ちベアリングがいくつもバラバラになっていました。
ベアリングなら、やっぱりNTN?!
身近に工場(備前市)があると、贔屓目になるのは人情というものです(笑)
d0338933_19490709.jpg
打ち換えて終了、と書けば数文字ですが…圧入のベアリングが期限悪く入りがスムーズではありませんでした(;^ω^)
d0338933_19490275.jpg
d0338933_18241970.jpg

オイル注油について
先日、洗車のバイクに同様な事例があり記述しましたが…
こちらのお客様、知ってか知らずか…直後のフィッテイングでこんな状態でした。
数日前に塗布したオイルが見事に飛散しております、今回のはよく解りますよね!
油が散るのは塗りすぎです、ほどほどにお願いします。
d0338933_19485803.jpg
d0338933_19485310.jpg
オーソドックスなメンテナンスもやっています。

こちらはフルメンテナンス(工賃:40000円)、汚れをすっきり洗浄し組み付けると…
まるで別物のような動きをみえるのがロードバイク。
1~2年、経過したバイクは是非専門店でフルメンテナンスをお任せください。
d0338933_18241467.jpg



by cicli_pioniere | 2017-10-14 22:34 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 13日

閃きセンサーの感度をあげる!?

d0338933_20404304.jpg
バイクからのメッセージを感じ取る!


レース前日に洗車依頼が来た。
d0338933_20395596.jpg
他は…写真でわかりにくいけど、よく汚れています!
ホイールに飛び散る油汚れ…
フリーボディは春に綺麗にしたのに、使用頻度とズレ感があります。
これはまた別で触れるとして…
d0338933_20402806.jpg
慌ただしく洗浄・丸洗いを済ませて、注油・点検。
チェーンはNGで交換、そしてシフト調整を………?
ん、おかしい。

ワイヤーほつれを発見。
どうやら1度も交換してない様子、乗る状況を考えれば当然なってもおかしくない。
切れるまではいかないが、未然にトラブルを回避したことに違いありません。

これ、何かわからないけど前日に診てもらおう、と直感で思ったことが大事。
何もしなくとも、大丈夫だったかもしれないけど…
やはりすべてはアクティブセーフティを推奨するチクリ・ピオニエーレですから、
この感性は大事です!

バイクは何かしらのメッセージを発信しています、それを漏らさずキャッチできるようになりたいですね。
d0338933_20391009.jpg

洗車サービス(3000円税別)の中身を紹介しておきます
 1. フレームとホイールの丸洗い掃除と各部注油 
 2. ブレーキとシフトの調整
 3. ネジの締め付けチェック
 4. タイヤの減りやキズ確認

問題個所は追加で作業しています、今回はチェーン・シフトワイヤー交換、フリーボディ洗浄など 
 

d0338933_20401289.jpg
以前紹介したボトルゲージホルダーですね。

洗車、ご用命お待ちしております!





by cicli_pioniere | 2017-10-13 21:03 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 12日

メンテナンスメンバー募集 (^^♪


バイクを大切に考えるあなたへご提案します
d0338933_16481677.jpg

Cicli Pioniereでは、ライドスクールを主に会員制で運営しており、そのメンバーに対してはメンテナンスの割引制度などを用意し走るだけでなく、バイクの整備についてもしっかりフォローしていく体制をとっています。

一方、ライドスクールも週末が必ずしもお休みでない方は、定期的でもビジター参加してくださっている方も多く、その方たちに割引制度の用意ができておりませんでした。またスクールの利用は無いが、メンテナンスのみのお客様もおられることから今回メンテナンスの年間会員をご用意することに致しました。



年間会費 9800円税別
内容:ベーシックメンテナンス(一般価格9800円税別)を年間3回実施
   ※追加発生した作業工賃を15%OFF、部品代10%OFF
    消耗部品だけでなくアップグレードにも割引適応します ※シマノ・カンパ以外のパーツ応相談

   メンテの内訳はコチラ
    ↓
   1.ドライブトレインのクリーニングと注油
    2. フレームとホイールの拭き掃除
   3.ワイヤー注油
   4.ブレーキとシフトの調整
   5.ハブ・ヘッドの玉当たり調整
   6. ネジの締め付け
   7. タイヤの空気圧チェック
※企画の内容上、複数台を1契約では対応できませんので1契約1台とさせていただきます。
   
どちらで購入されたかは一切問いません、転勤・転居で岡山へ来られた方もご安心ください。
購入店舗以上にあなたのバイクのメインメカニックとしてご対応させていただきます。
ご質問等、お気軽にお問合せください。info@pioniere.link



by cicli_pioniere | 2017-10-12 16:54 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 11日

メンテナンスのあれこれ③


ロードバイクは繊細な乗り物、それを扱うには乗り手にも求められるものがある。

d0338933_18200483.jpg
ビギナーを卒業し、ある程度バイクに乗るようになってくると
当然バイクも使用頻度に比例して傷んでくるものです。
その中でも、外から見えなくて傷むものの代表はインナーワイヤーです。
d0338933_18202544.jpg
とくにシフト、STIレバーになったことでレバー内の巻取り部分でワイヤーに相当な負荷がかかります。
細いワイヤーを束ねてできているワイヤーですが、1本また1本と切れてゆき次第にほつれが大きくなりしまいに完全に切れてしまいます。
完全に切れるまで気づかないのは乗りてとして失格レベル、せめて数本のほつれで気づいて欲しい。
どうやって気づくのか?それがわからないとしたらビギナーですから、しっかり勉強しましょう(笑)

さらに乗り手の扱い方で随分と傷み方に差が出ます、統計的にある事象が大きく影響していることが私の中ではあるんですね…フフフッ レッスンでその傾向の方にはお知らせします。
※シマノ製インナーワイヤー(ステンレスコーティング)926円 交換 2000円~ それぞれ税別

電動にしたら切れないでしょ? おっしゃるとおりです。宜しくお願いします。


d0338933_18210571.jpg
ブレーキシューもまたよく傷むもののひとつです。
この写真の上部が使用品で下部が新品、片減りしてるのがわかりますか?
ブレーキを使う内に、力のかかり方に差があり減り方が偏る例です。
時折点検し調整したら違いますが、どうしてもこのようになってしまいます。
ゴムも劣化したら溝があっても聞きにくくなりますしね。
※シマノ製1P 757円 交換1P 800円 それぞれ税別


これも良く乗る初級かた中級者にかけて多い事例です
ホイールのフリーボディ部分のグリス劣化や減少、これも劣化の目安がありますが本人は次第に劣化が進むので気づきません。
d0338933_18220290.jpg
d0338933_18220665.jpg
酷いものになると、グリスが乾き錆びが発生していたり…( ;∀;)
これもまた、ある傾向の方に汚れが進む傾向があるようですね。
フリーボディ グリスアップ 工賃3000円~


当店で購入していなくとも、お気軽にご相談ください。
多くのサイクリストが相談できる店になるよう努めています。
よろしくお願い致します。




by cicli_pioniere | 2017-10-11 19:54 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 07日

メンテナンスのあれこれ②


チェーンて伸びるんですか???

このリアクションは、ビギナーの多くの方からいただきます。
不思議ですよね?金属の塊であるチェーンがどうやって伸びるかイメージがつかないものです。

これはあるお客さんの先日交換したチェーンですが、
何が言いたいかといいますと、写真下部では端を同じ位置に合わせたものが上部になればコマ数同じなのに、このようにズレが生じるほど長さが変化しているものです。

見て解りますよね? 右が使用品、左が新品です。
d0338933_18205593.jpg
コレ、かなりの次元の伸び感ですが、なぜこんなに長さが変わるのでしょうか?
チェーンは前と後ろにあるギアに噛みあうことで力を伝達しているのですが、
その接触している部分をローラーといいます。
d0338933_22484609.jpg
この矢印で示したところですね、この丸い部分が接触して回転しならが動いています。
チェーンは金属でできています、またギアも金属ですから触れあえば摩耗してしまいます。
このローラーの直径と中に軸が貫通してますがその軸周辺が摩耗で小さくなり、結果として隙間ができるということです。
1コマで2個のローラーがあり、1台分のチェーンは約110~112コマありますから、220個の隙間の足し算で計5mm長さが違うとしたら…5mm÷220すると… 1穴の摩耗度合いがわかりますね。

またこの摩耗、乗る人の癖で随分と摩耗が違ってきます。ワースト習慣をご紹介しましょう。

・チェーンの油分が無い状態で使う
・チェーンが汚れて不純物がついたままで使う
・ねじれた状態?で使う頻度が多い
・注油しすぎてべたべたになっている

思い当たることがみなさんにありますよね?あるはずです。
そして、ビギナーの方が一番驚くこと、それは…
チェーンって交換???するのですか???

ということ、今まで通学車とかママチャリでチェーンとか交換した経験は皆無だと思われるので、
みなさん上記のような反応になるんですね。

具体的にではどれくらいでチェーンはダメになるのか?
11速が主流な現在、変速の劣化が感じられるのが3000㎞といわれています。また5000㎞で交換推奨と言われています。ただし上記に書いた習慣があればさらに劣化は早いのです。

チェーンは定期交換しましょう、それが他の部分の劣化に影響しますし、バイクを長持ちさせるコツです。

Cicli Pioniere での作業実績で上位にランキングされるチェーン交換、
気になるなら、明日即お越し下さい!チェーンは必ず在庫していますのでスグ交換致しますよ!



【ご案内】どちらで購入したかは一切問いません、お気軽に修理持ち込みください。




by cicli_pioniere | 2017-10-07 06:34 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)
2017年 10月 06日

アナタにとって良いものだけを…


小柄な人にしかわからない悩み


私がスポーツバイクに乗り始めたころは、ホリゾンタルフレームが主流で物理的に小柄な方はバイクに乗ることが極めて難しかったのですが、2000年くらいからでしょうか…ホリゾンタルフレームが出始め一気に小柄な方向けのフレームが増えていきました。これにより150cmくらいの女性もロードに乗ることができるようになったのですが、見えないところに(見えますけど)悩みが隠れています。

それはボトルの台座位置

? なんのことやねん、と思うあなたはきっと165cm以上ある方です。
スローピングフレームになり小柄な方が乗れるようになったのだけど、ボトルを取り付ける隙間が窮屈なんですね。場合によればシングル台座も珍しくないでしょう。
その位置も微妙でして、コレほんとうにボトル差し込んだ寸法で位置決めてる?と思うようなものもあります。
d0338933_18185404.jpg
コレ、実は改善後のゲージ取付位置ですが、本来はこんな感じにボトルがなり隙間が少なく出し入れしにくいのです。
で、ボトルゲージの下に見える黒い救世主を取り付けてみると。
d0338933_18193254.jpg
取付位置をオフセットできて取り出しやすくなるという逸品です。
本来は、電動シフトの電池を取り付けるためにボトルゲージ位置を変更させるために作られたのですが、小柄な方にとって非常にありがたい小物となったという話ですね。
d0338933_18191081.jpg
世界のシマノ製! 1638円税別 在庫ありますよ♪

サドル下部分の事例も…
d0338933_16230954.jpg
ボトルとTOPチューブの隙間が殆どない
d0338933_16222985.jpg
こちらのほうがフレームが小さいのに、隙間がちゃんと空いてますね!
黒赤のフレームより小さいのにです。
なので前記のゲージアダプターでこの場合、取り付けを下部へ変更できるという訳です。

ボトルゲージ繋がりで別な話題ですと…
ペットボトル用のボトルゲージを私は基本的におススメしていません。
クイズ! それはなぜでしょう?
素晴らしい回答をくださった方には、豪華?記念品出そうかな~( *´艸`)










by cicli_pioniere | 2017-10-06 16:30 | チューニング・メンテナンス | Comments(3)
2017年 10月 06日

フロントホイールにも向きがある


小さなことだけど、ホンモノのローディーなら気を遣うこと


タイヤに進行方向が存在するものがあるのは認知度が高いと思いますが、実はホイールにもあります。
コレ、かなりの頻度で反対についていたりするのですが、お聞きするとみなさん知りません。

昨今のホイールはフロントラジアル組が多いので、一見すると方向が無いようにも見えますが…
本当はあるんですね。
気を付けたいホイールが出てきたのでご紹介しておきます。
d0338933_18171327.jpg
コレ、ご存知ですよね。カンパのボーラです。
2018モデルからブレーキシューの接地面にスリット加工が施され、より制動力や安定感が向上したモデルですね。
d0338933_18182482.jpg
ご覧ください、スリットの向きがありますよね…コレ反対付けると影響ありそうですよね~
どこで判断するのか…
ハイ、こちらです。
d0338933_18175479.jpg
ハブ本体の外側にあるベアリング調整部分が左になるようにしてください。(乗ってる自分が前を向いて左側という意味です)

カンパじゃないとどうするか?
そうですね、ハブにシールとかが貼ってあれば、後ろと見比べて同じ向きになるようにしましょう。
停めてあるロードバイク、何気にみたらタイヤやホイールの向きが違えば、それだけでトーシロ感満載な感じに見えるわけです。
バイクに乗り降りする、身のこなしひとつもですね。あなたにも生粋のローディーになって欲しいな。

タイヤの件、補足があります。
進行方向の印が無い、スリックトレッドとか…その場合、ロゴマークが片方のみだとそれは右側に装着が正解です。ダサくないロードバイクで走りましょう!





by cicli_pioniere | 2017-10-06 13:40 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)