非日常が日常になる…

pioniere.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 11日

メンテナンスのあれこれ③


ロードバイクは繊細な乗り物、それを扱うには乗り手にも求められるものがある。

d0338933_18200483.jpg
ビギナーを卒業し、ある程度バイクに乗るようになってくると
当然バイクも使用頻度に比例して傷んでくるものです。
その中でも、外から見えなくて傷むものの代表はインナーワイヤーです。
d0338933_18202544.jpg
とくにシフト、STIレバーになったことでレバー内の巻取り部分でワイヤーに相当な負荷がかかります。
細いワイヤーを束ねてできているワイヤーですが、1本また1本と切れてゆき次第にほつれが大きくなりしまいに完全に切れてしまいます。
完全に切れるまで気づかないのは乗りてとして失格レベル、せめて数本のほつれで気づいて欲しい。
どうやって気づくのか?それがわからないとしたらビギナーですから、しっかり勉強しましょう(笑)

さらに乗り手の扱い方で随分と傷み方に差が出ます、統計的にある事象が大きく影響していることが私の中ではあるんですね…フフフッ レッスンでその傾向の方にはお知らせします。
※シマノ製インナーワイヤー(ステンレスコーティング)926円 交換 2000円~ それぞれ税別

電動にしたら切れないでしょ? おっしゃるとおりです。宜しくお願いします。


d0338933_18210571.jpg
ブレーキシューもまたよく傷むもののひとつです。
この写真の上部が使用品で下部が新品、片減りしてるのがわかりますか?
ブレーキを使う内に、力のかかり方に差があり減り方が偏る例です。
時折点検し調整したら違いますが、どうしてもこのようになってしまいます。
ゴムも劣化したら溝があっても聞きにくくなりますしね。
※シマノ製1P 757円 交換1P 800円 それぞれ税別


これも良く乗る初級かた中級者にかけて多い事例です
ホイールのフリーボディ部分のグリス劣化や減少、これも劣化の目安がありますが本人は次第に劣化が進むので気づきません。
d0338933_18220290.jpg
d0338933_18220665.jpg
酷いものになると、グリスが乾き錆びが発生していたり…( ;∀;)
これもまた、ある傾向の方に汚れが進む傾向があるようですね。
フリーボディ グリスアップ 工賃3000円~


当店で購入していなくとも、お気軽にご相談ください。
多くのサイクリストが相談できる店になるよう努めています。
よろしくお願い致します。




by cicli_pioniere | 2017-10-11 19:54 | チューニング・メンテナンス | Comments(0)


<< メンテナンスメンバー募集 (^^♪      グループ カスタムレッスンでき... >>